BASS LOVE: DJエラグルの低音メモリィ

酒と低音の日々~Nights Of Shots & Bass : Grime,Dubstep,Bassline House & All Kinda Bass Sounds

PROFILE

DJ ERAGURU

Writer:DJ ERAGURU
淡路島在住。
週末は殆ど大阪在住となる低音専攻のDJ/オーガナイザー。主にFUNKY、BASSLINE HOUSE、DUBSTEP、GRIME、UK GARAGE、2STEP、BROKEN BEATS、BREAKS、D&Bなど、黒くて下半身に訴えかける低音ダンスを得意とする。関西CLUBシーンの黒系BREAKS番長。クラブで見かけたら気軽に声かけて下さい。酒おごります。笑
あ、休眠中ですがdrumnbass.orgと2step:REWINDS!!!とDIRECTもやってます。

ERAGURU'S DJ MIXES

"Bassline House promo mix"
(Bassline HouseのShort Mix)

DJ Schedules

関西を中心に活動中です。たまに名古屋や浜松、東京でPLAYしてます。ブッキングは右下のメールフォームからどうぞ。

2010.11.27.sat
ラガチャンネルvol.25@sound-channel,大阪

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

Wasabeat チャートへのセルフライナー

wasabe_logo.jpg

8/18付けのWasabeatさんのDJ PLAYLISTにチャートを提供させて頂きました。クラブミュージックの配信サイトWasabeatさんでは、現在ベースミュージックを強化中との事で過去には蒼々たるBIG NAMEが居並ぶPLAYLISTに僕、DJ ERAGURUもお恥ずかしながらチャートを提供させて頂きました。

Wasabeatで配信中の音源の中からのセレクトとの事でしたので、敢えて最新の音源にはこだわらずにWasabeatというCrates(エサ箱)をDigする感覚でピックアップしてみました。選ぶ時には実際にiTunesにPlaylistを作って、iPhoneを車の中で鳴らしながら選曲したので1~10までで実際のDJ PLAYのように通して聴ける流れにしています。是非、プレイリストごとCDに焼いたりしてコンピ感覚で楽しんでみて下さい。






詳しいチャートはこちらで(僕の恥ずかしいプロフィール写真も見れますよw)

DJ ERAGURU chart for Wasabeat

折角なので簡単なセルフライナーを書きました。

1. Submotion Orchestra - Angel Eyes
 DubstepのトラックメイカーRuckspinなどGentleman's Dub Clubのメンバーを中心としたリーズ人脈大集合!なライブバンドSubmotion Orchestraの大傑作デビューアルバムより。アルバムは期待通り、過去のクラブ系生バンドが陥りがちなビート面でのぬるさを全く感じさせないRuckspinらしい変速ビートが心地良い傑作に。表面的には2011年の4HERO。個人的にはそれ以上の傑作。まだ手に入れてない方はぜひ。

2. Von D - You're The One
 フランスのDubstepトラックメイカーVon Dの2011年6月にリリースされた待望のアルバムから。Submotion Orchestraとも近い音楽性を持ったVon Dの美し過ぎる楽曲の数々が詰まったアルバム。ジャズなうわもの+しっかり野太いボトムという僕等が一番求めていたサウンドを実現。BKJD(BASS系JAZZ DJ)御用達。

3. Sepalot - Did It Again feat. Saigon (Zed Bias Remix)
 Zed Biasを過去大阪に2回呼んだ事と共演できた事は、僕にとってはとても良い思い出。UKG全盛の当時から2011年の現在に至るまで、衰えることなく最前線で活躍するZed Biasはもっと日本でも高く評価されても良いはず。最近はTru ThoughtsからのアルバムやOmarとの共演で話題の彼ですが、これは2009年ドイツのCompostからのSepalotをZedらしくBroken Beats meets UKG的にremix。SaigonのMCがZedのビートにのる心地良さは単純に上がる。

4. Martyn - These Words (Roska’s Speechless mix)
 9月に待望の来日が決定しているUK Funkyの筆頭DJ、Roskaの曲は1曲は入れたかったのでいろいろ迷ったけれど、最新のJackpot EPはみんなチェックしてるだろうから敢えて、Roskaにしてはかなり渋めのビートで歌モノを処理したあんまりロスカロスカ言ってないこの曲を。RinseFMのmix CDも良かったRoskaの来日に思いっきり期待したい。

5. Kito & Reija Lee - On The Jam
 見目麗しい女子がダブステップデュオを結成。というだけでテンション上がるでしょう。個人的にはこういう曲調が好みなので、条件反射的に1Xtra聴いてて反応してしまった1曲。あとでDiploのMad Decentからのリリースときいて、さすがモテ男のアンテナ間違いないなと。w

6. Lil Silva - On Your Own ft. Sampha
 UK Funkyのトラックメイカーの中でも注目株のLil Silvaの2011年5月にリリースされたThe Patience EPより。remix仕事で培ったヴォーカル処理のノウハウをオリジナル曲に昇華した傑作。今まで自身の作品ではインストが中心だった彼の新境地。

7. Cluekid - The Intro
 最近リリースがないCluekid。しかし、彼の過去作には注目に値する曲が多数ある。ということを指摘している人を殆ど見かけた事がない。それはとても残念な事だ。このThe Introは2010年にLDとの共作としてリリースされた初期More RockersやSmith & Mightyを思わせる様なベースサウンド。トランジションのJason GozとChefalのRingo Recordsより。

8. Beezy - Thoughts In Retrospect
 GrimeラッパーがDubstepにのせてラップをすることはあっても彼等はあくまでもGrimeのマナーでラップを乗せてくる。BeezyはDubstepにPlan BやStreetsの様にラップともポエトリーリーディングともいえるスタイルでMCをのせる唯一と言っても良い個性。Rinseからリリースされた彼の最新?アルバムは日本では全く話題にもならなかったが、実はBenga、Skream、Distanceなどがトラックを制作、remix EPにはRoskaやGeeneus、L-Vis 1990が参加と無視してる方がおかしいだろうって内容。この曲はその中でも一番のお気に入り。Benga作。

9. Reel People - Outta Love featuring Omar (IG Culture Bruk For The Love Refit)
 日本ではclub jazzの文脈での紹介が強調されすぎてしまった所為で、ベース・ミュージックとしての側面が受け入れないまま、UKG同様ミッシングリンク化しているBroken Beats。そんな中でも最も黒い音を出すのがIG Culture。最近はZed Biasとの共演を含むアルバムも好調なOmarをft.したReel Peopleのrmx。

10. Donae’o - Riot Muisc (Shy FX radio edit)
StickyのSocial CircleからGrimeラッパーとしてデビューし、気がつけばUK Funky否UKアーバンを代表する今最も旬なアーティストとなったDonae'o。彼の2009年に出たアルバム『Party Hard』はゼロ年代を代表する傑作中の傑作。何故か日本では全く無視されているこの名盤の1曲目" Riot Music"をShy FXが原曲にかなり近いテイストでエディット。これを無視した日本の音楽ジャーナリズムはホントに死んでるとしか言いようがない。という怒りのRiotなら、まだしも良かったのに。現実のUKでの出来事に胸を痛めつつ。敢えてセレクト。




スポンサーサイト

Theme:DJ/CLUB
Genre:音楽

comments(0)|trackback(0)|DJ PLAY|2011-08-18_20:40|page top

RAGGA CHANEL VOL,25 "2周年スペシャル" @ sound-channel

58109417_190.jpg

久しぶりにDJします。例のサブベースハウスをやっちゃおうと目論見中です。
おたのしみに!

2010/11/27(sat)
RAGGA CHANEL VOL,25 "2周年スペシャル" @ sound-channel

Live:
Tchiky's from Tokyo(チーキーズ)
アチャコ with I&I
1★狂

Dj:
DUBBY BON
Akio Nagase
I.Q

Lounge Dj:
HAV
ERAGURU
FUKUDA
OKINO
SHEEZ
カバタミホ

Shop:
BUTTAH

■Open/start 22:00~morning

■Door 3,000yen/w1d
 With Flyer 2,500/w1d
 前売り 2,000/w1d

■前売りチケット取り扱い店
 カレー屋 Buttha: TEL/06-6241-5273
 Drum & Bass Records: TEL/06-6211-1044
 CussCuss: TEL/06-6251-6012
 sound-channel: TEL/06-6212-5552

■メールで前売り
 manager@sound-channel.jp
 までパーティー開催日/お名前/ご連絡先/枚数を明記の上送信ください。
 お支払いは当日エントランスにてお名前を確認の上承ります

sound-channel
大阪市中央区西心斎橋2-8-21 B1F
Tel+Fax 06(6212)5552
http://www.sound-channel.jp

犬式の元メンバーである三根星太郎と石黒祥司、そしてFlying Rhythmsの
ラティール・シーの3人が結成し、今年4月の'春風'など様々な会場で驚異的な
ライブ・パフォーマンスを披露し話題沸騰中のバンド、The Tchiky's(チーキーズ)。7インチ「OIDE」を6月にリリース!
土着感や熱気、そしてなんともサイケデリックな魔力を孕んだアフリカン・グルーヴが炸裂する

さらに!
故・花菱アチャコ(エンタツ・アチャコ)の孫のアチャマゴ久利こと、藤木久利が、大阪で結成した、知る人ぞ知るエンターテイナーカルト楽団が登場!

Theme:DJ/CLUB
Genre:音楽

comments(0)|trackback(0)|DJ PLAY|2010-11-25_03:51|page top

【RWD】2001年4月20日のプレイリスト

sxs3.jpg
(2001.4.20 当日のフライヤー)

DJネグリジェ兄貴のUKGサーガを読みながら過去のアーカイブを掘っていたら、2001年の春に初めて浜松でDJした時のプレイリストが出てきました。

おそらく2step:REWINDS!!に公開したか、する予定だったかで1曲づつコメントをつけてます。当時の文章なのでかなり気恥ずかしいですが、あの頃、日本のフロアでどんな曲がプレイされていたのか?の片鱗でも感じていただければと思い恥を忍んで公開します。(^^;)

(以下、2001年に記す)

2001/04/20 step x step@planet cafe set list

1:BLOWFELT: Shake To This (uncredited Dee Kline production) (Blowfelt:BLOW 001)
*b sideのLucky Rollaが有名だけど、僕はa sideのこっちの方が好き。

2:UB40: King (Shadow Snipers main remix) (Virgin:DEP5312)
*イントロの部分の綺麗な感じがいいアクセントになってて、ブレイク後のGroovyBassを引き立てて◎。

3:JJ LOUIS/SOVEREIGN/SKAT D/MC FUZE: 007 License To Kill (Southside:SS 018)
*おなじみ僕のテーマ曲。Agoさんに何と言われようともかけ続けます。笑

4:FOS PROJECT: Check It! (Zed Bias remix) (unknown: FOS 002)
*家で聴くと結構スカスカでアレ?って思うけど、フロア映えはばっちり。

5:TEEBONE & MC SKIBADEE: Super S (Solid City:SOLID 001)
*ジャングリスト2人組のヤバMCチューン。これも家よりフロアで激映え。Skibadee最高!

6:DJ DEEKLINE vs KING KOOP: Don't Eat Da Vagina (Rat:RAT 008)
*タイトル通りレーベルがおま○この写真で爆笑。トラックもMCも最高にカッコイイ。激オシ。

7:DOUBLE 99: Freekazoid (DJ Hype "Naughty" vocal mix)(Satellite:D99X 5)
*HYPEのトラックにしてはキャッチーなところが僕は好き。

8:PUT YOUR HANDS UP: Put Your Hands Up (unknown label: HANDS 001)
*おなじみのアンセム、何度聴いてもこの盤のbass音は脳天に響きます。

9:BASS CITY ROLLAZ: Feel Tha Bass (unknown label: BCR 001)
*ハービーハンコック&DeeLiteネタのおなじみアンセム。最近はリサスタンスフィールドrmxなんてのも!

10:HARRY LIME: Just A Beat (Harry Lime: SP 008)
*Harry Limeは好きなんだけど最近はちょっとダーク過ぎてあまりかけてないけど、アクセントに。

11:WACKOBASS: Volume 2 (unknown label: MJ 0002)
*harryの渋いトラックの後に激アホのマイケルジャクソン・ネタ。僕的にはここで爆発。笑

12:YUTE, Don: Herbland (Nu Skool Players remix) (Oracabessa: ORA 12009)
*こいつもおなじみのラガアンセム。トラックは以外と地味なんだけどMC部が良いので。

13:OLLYWOOD & MR RELOAD: Stami-nami-na (Pipe & Slippers:SB 001)
*Jokerネタ。以外と地味なので美味しいトコだけ取り出して使用。

14:BEENIE MAN: Girls Dem Sugar (Architechs main mix) (Virgin US: VUST 173)
*ビーニーvsアーキテックスというエロエロ対決が最高のparty tune。

15:DJ PIED PIPER & THE MASTERS OF CEREMONIES: Do You Really Like It (Soul Food:SF 007)
*イントロの綺麗なアコースティック部とブイレイク後の畳み掛けるようなMC&Beat。理想の2step。

16:DAN, Richie & K WARREN: Temptation (12" vocal mix) (Pure Silk:PSV 008)
*Richie Danの唄がもう最高。メロもいいし、是非日本でもアンセムにしたいですね。

17:SCOTT & LEON: Shine On (original mix) (AM:PM: 12AMPMDJ 143)
*彼等は以外とトラックはしょぼいんだけど、曲がメチャクチャいいのでこれまた皆で唄いたい系。

18:BIAS, Zed: Time Out ("Just In Time" mix) (Locked On: LOCKPROMO 2)
*クールなイメージのZedですが、これはMC部がめちゃハードで唄との対比が最高。

19:LIMITED EDITION: Limited Edition Garage Mixes (unknown label:SHAG 1)
*Shaggy "It wasn't me"ネタの2stepのなかでも、これが僕は一番好き。

20:BM DUBS presents MR RUMBLE feat BRASSTOOTH & KEE: Whoomp! There It Is (original mix) (The Club Mixes) (Incentive:CENT 16T)
*実はこれで終わるつもりじゃなかったんですが、時間切れで結局これでラスト。笑

-back to back-
CASA TRAX: I Love Ayia Napa (TNT "Xplosiv" original mix) (Casa Trax:12CT 020)
*B2Bは、やっぱ馬鹿騒ぎしたいので、このアホネタ。以外にトラックは激ブトでマル。

LONYO: Garage Girls (Sunship extended mix) (Riverhorse:RIVH1212)
*そして、最後は一緒に唄いたいってことでこれ。やーカッコイイッスよね。笑

*実はもっとクイックミックスでどんどん変えていくのが僕の理想なんですが、今回は準備不足&練習不足で、全然クイックじゃなかったので、あんまりいっぱいかけれなくて残念&反省でした。汗
でも、AgoさんのMC,ダイケンさんのパーカス、そしてイミューさんの雄たけびなどに助けられて、とても楽しくDJができました。感謝です。そして僕等の楽しさがフロアのお客さん達にも伝わってたとしたら、とてもハッピーですね。ほんとSeXは、イミューさんの人柄が滲み出たhappyなvibezでいっぱいで、たのしい&これからもずっと頑張って欲しいです。
comments(1)|trackback(0)|DJ PLAY|2010-11-04_05:37|page top

9/25(金)久々にDJします。

TwitterにはまりすぎてBLOG更新がすっかり滞っておりますが、近々に復活予定です。

その前に告知で申し訳ないのですが、今週の金曜日に心斎橋のclub UNIONでDJします。溜まりに溜まったUK FUNKYのアナログを絨毯爆撃予定!

今回はシルバーウイーク明けの寂しいお財布にも嬉しい、なんとエントランス無料!!

関西でも有数のサウンドシステムのclub UNIONのぶっとい音でFUNKYを爆音で浴びる好機到来です。ぜひ、お時間作って、遊びにきて下さい。

2009.9.25(FRI) ビートジャンキー
at 心斎橋club UNION
http://club-union.jp/

DJs: DJ MIZUTA, KENJI MARUI, DJ ERAGURU & more

エントランス:フリー(無料)

※ちなみにこの日、個人的にはお隣のTRIANGLEにドラムンベースのBREAKが初来日ツアーで来てます。もちろんBass Love読者はハシゴ決定ですよ。w

Theme:DJ/CLUB
Genre:音楽

comments(0)|trackback(0)|DJ PLAY|2009-09-23_01:13|page top

ビートジャンキー

1032624565_110.jpg

いよいよ2008年もあとわずか。

今年はロンドンのアンダーグランドで大ブレイクした新ジャンル"FUNKY"に出会ったのが一番のエポックでした。当初はアナログもデータも全然なく、正体不明だったこのジャンルもここ最近のブレイクで徐々にリリースが増えてきて、ここ日本の片隅でもようやくワンセットまるまる組めるような弾数が集まってきました。

ということで2008年締めくくりの「ビートジャンキー」では、
ワンセットまるまるFUNKYでプレイしたいと思います。

ロンドンのブラック達の間で超人気の最新サウンドFUNKYを心斎橋UNIONの抜群のサウンドシステムで体感したいあなたは是非、遊びに来てみてください。

他のDJ陣もFidget HouseやBreaks等、関西ではここでしか聞けないいい感じのヴァイヴスで満載の夜になること必須!

2008.12.26 fri 21:00-6:00AM
ビートジャンキー -After X'mas Boxing day-
at UNION http://www.club-union.jp/
(B1F 1-16-12 NISHISHINSAIBASHI CHUO-KU OSAKA JAPAN PHONE.06-6251-2242 )
ADM: 2000yen 1D
wirh Flyer/mix割引: 1500yen 1D

DJ: MIZUTA, ERAGURU, SUGIMOTO, KANAI, DJ KOO, KENJI MARUI

flyer design: TAICHI ITO http://www.tarnica.jp/

今回のビートジャンキーは、X'masの次の日ということで、クリスマスアフターパーティーです!
欧米では、クリスマスの翌日、12月26日は“Boxing Day”(ボクシングデー)という大切な日です。
その名前は、王様が、クリスマスの次の日にプレゼントや残った食べ物を箱につめて、領地内に住む人々に配って歩いたという話、つまり箱という意味の“Box”に由来しています。
前日のクリスマスにそれぞれの家で過ごした人たちが、親戚や友達の家を訪ねる日でもあります。

ということで、ビートジャンキーにみんなで、プレゼントや残ったケーキや、七面鳥を持ち寄って集合です!(笑)

1032624565_68.jpg

Theme:DJ/CLUB
Genre:音楽

comments(0)|trackback(0)|DJ PLAY|2008-12-26_13:19|page top

ブログ内検索

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ACCESS BASS FREAKS

from 2008/8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。