BASS LOVE: DJエラグルの低音メモリィ

酒と低音の日々~Nights Of Shots & Bass : Grime,Dubstep,Bassline House & All Kinda Bass Sounds

PROFILE

DJ ERAGURU

Writer:DJ ERAGURU
淡路島在住。
週末は殆ど大阪在住となる低音専攻のDJ/オーガナイザー。主にFUNKY、BASSLINE HOUSE、DUBSTEP、GRIME、UK GARAGE、2STEP、BROKEN BEATS、BREAKS、D&Bなど、黒くて下半身に訴えかける低音ダンスを得意とする。関西CLUBシーンの黒系BREAKS番長。クラブで見かけたら気軽に声かけて下さい。酒おごります。笑
あ、休眠中ですがdrumnbass.orgと2step:REWINDS!!!とDIRECTもやってます。

ERAGURU'S DJ MIXES

"Bassline House promo mix"
(Bassline HouseのShort Mix)

DJ Schedules

関西を中心に活動中です。たまに名古屋や浜松、東京でPLAYしてます。ブッキングは右下のメールフォームからどうぞ。

2010.11.27.sat
ラガチャンネルvol.25@sound-channel,大阪

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

【番外編】デモについて思うこと

久々の更新がベースと関係ないことで申し訳ありませんが、twitterで呟こうと思ったけど長すぎて呟けなかったのでこちらに書きました。

*********************

これは個人的な考えだけど、デモが政治や企業を「直接」動かす事はない。それは過去の例を見ても、現在進行形で世界中で起こっている例を見ても明らかだ。でも「間接的」にならそれは可能な場合もある。世論が政治を動かし企業を動かす事はあり得る。そういう意味でデモが訴えかける相手はまず国民。多くの国民にメッセージが届くためには現状、TVや新聞等の既成マスメディアで報道される事が必要だ。しかし、今日のデモがどんな規模になるのかは分からないが、それが直ちに世論を動かす様な報道がされる事はないだろう。或いは殆ど報道されないかも知れない。TVや新聞等の大手既成メディアには期待できない。

だからといって今日の様なデモが全く無意味だとは言わない。訴えはソーシャルメディア等を通じてじわじわと広まるかもしれない。だがそれもネットの中でだけで留まってしまう話かもしれない。現時点で世論を形成できる程、ネットの住人は多くない。或いは世界には報じられるかも知れない。それが日本への外圧となって政府や企業を動かす事もあり得るかも知れない。しかし現時点でのその可能性は低いだろう。

それらの可能性を総合的に考えたとして、今後重要なのは訴えたいことがあるならデモやネットを通じてメッセージを発し続けると同時に、それ以外の大多数に届く手段なりメディアを探す、もしくは新たに作り出す事が一番重要。それを根気強く続ける。その視点が欠けている限りデモが政治や企業を変えることは多分ない。今までの多くのデモと同じく時が経てば大手既成メディアの力で記憶を上書きされ忘れ去られてしまうだろう。
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|その他|2011-04-10_12:49|page top

DJ ERAGURU's BASS LOVE 2010ベストの試聴

era1.jpgera2.jpgera3.jpgera4.jpg
era5.jpgera6.jpgera7.jpgera8.jpg
era9.jpgera10.jpg

ベストの記事はこちら

Bass Love 2010 Best Discに書いたベストのyoutubeへの試聴リンク集を作ってみました。リンク先の記事と合わせてお楽しみ下さい。

DJ ERAGURU's BASS LOVE BEST DISCの試聴リンク集

1:Bassnectar ft. Ms Persia / Bomb The Blocks (Daz-I-Kue vocal mix) (OM)
→ Daz-I-Kueのmixが無かったのでオリジナルを。オリジナルも超ヤバい。
2:Mount Kimbie / Remixes pt.1 (Hot Flush)
James Blake remix
Falty DL remix
Instra:mental remix
3:DJ Naughty / Goosebumps (Roska Kick & Snares)
4:Untold / Fly Girls (Soul Jazz)
5:Screaming Soul / Warfare (Ruckspin & Plansas remix) (Ranking)
→リンクなし
6:Cluekid / Monkey Style (Subbalicious UK)
7:Shortstuff,Mickey Pearce / Tripped Up (Ramadanman Re-Edit) (Ramp)
8:Mala / Level Nine (Hyperdub)
9:Hatcha / Conga Therapy (Tempa)
10:Horsepower Productions / In Fine Style (Tempa)
→ アルバムから Fist of Fury

おまけ

dirty dub rockersに書いたベストの試聴リンク集

記事の内容はこちら

Joe / Claptrap (Hessle Audio)
Scuba / So You Think You’re Special (Joe remix) (Hotflush)
Lemonade / Lifted (Shortstuff remix) (True Panther)
Breach / Fatherless (PTN)
Shy FX ft. Kano & Roses Gabor / Raver (Digital Soundboy)

上記全部を連続再生でBGM代わりにするリンク

Theme:DJ/CLUB
Genre:音楽

comments(0)|trackback(0)|その他|2011-01-18_01:53|page top

Bass Love 2010 best disc

ue.jpg

まえがき

Bass Loveでは 2010年初めてベストディスクを開催することにしました。低音界隈では旧Rock Baby Soundsysthem、現Dirty Dub Rockerzが主催する年間ベストが質量共に充実していて、僕自身もほぼ毎年参加させて頂いています。なのでBass Loveで敢えてベストディスクをやる必要もないだろうと思っていたのですが、ここ数年のtwitterの広がりで新たに出会うことになった豊かな繋がりのなか、今まで知らなかった多くのベース猛者の方々と出会い(その中にはBass Loveの読者の方も多数で嬉しい驚き)、その方々のベストを知りたいと思ったことが一つの理由になっています。更にはdrzのリストには入っていないけれど個人的に尊敬するリスナー/DJの方々のベストをごく個人的に知りたいと思ったことも。あとこれが結構大きな動機になっているのですが、今年DJネグリジェ氏がtwitter上で展開した10年前の日本のUK Garageシーンを中心としたメモワールを読んで、その中にいたはずの自分ですら如何に何も覚えていないかを思い知ったこと、それがきっかけで自分のHDDをdigして当時の資料を読むことがとても意味深いものだったこと、そして過ぎて行く時間をアーカイヴすることの大事さを改めて認識したことがこのベスト開催に大きな影響を与えました。執筆していただく方の人選につきましては、僕が個人的にリスナー/DJとして全幅の信頼を寄せる方々ばかりです。尚、なるべくdrzとの重複を避ける様に依頼をしましたが一部重複してしまいました。とはいえコンセプトがdrzとは少し異なりますのでいずれも読み応えのあるベストを寄稿頂いていると思います。是非、drzのベストと合わせてお楽しみ下さい。最後に年末年始のお忙しい中、ご協力頂いた執筆者の皆様には改めてお礼申し上げます。

sita.jpg

コンセプトの説明

Bass Love2010ベストのコンセプトは、ずばり2010年個人的に熱かったベースミュージック。個人的にというところがポイントでリリース年は問いません。これは何故かというと、2010年に熱かったものが全て2010年のリリースな訳がないと思うからです。今年発見した自分なりの切り口で新たに過去の音源を掘り返してみたら、いかにも2010年らしい刺激に満ちた聞こえ方を始めた音源ってきっとあるはずです。僕で言うならばポストダブステップの到来で、初期ダブステップの音が当時はよく分からなかったその可能性が2010年にはっきりと分かる様になったこと。だから僕の今年のベストには例えばHATCHAのDubstep All Stars vol.1が入っていたり、Locked Onの初期の音源が入っていたりします。とはいえ、他で依頼されたベストでは基本的に2010~2009年くらいまでの音源で選んでしまうので、なかなかリアルに自分のベストを反映させることができませんでした。そこでBASS LOVEブログで特設ページを設けて、2010年に今の気分を感じたベースミュージックのベストをできればと思い、僕が心底信頼できる方々にベストをお願いする事にしました。もちろん2010年リリースの作品もベストに入れて下さって結構です。ポイントは今年、自分にとって熱かったという部分ですから。

執筆陣(アルファベット、あいうえお順)

bcxxx(東京)
Broken Haze(東京)
DJ PB-man(東京)
DJ SAV (Good Weather,名古屋)
doppelgenger(東京)
eccy(Slye Records,東京)
h.nakajima(rush,PHaT House,大阪)
NAGAO(VOLT,広島)
Nothto (Atmoshere/東京)
SUSUMO(SLEEPYEYE/Dirty Gentlemans Club,広島)
Takeru John Otoguro (TCY RADIO TOKYO / Tachytelic,東京)
Two Seven Clash(DO UR THING,大阪)
YO!HEY!! (Threepee Boys,東京)
鈴木一彰 (version city session / material,名古屋)
DJ♥ネグリジェ(CATCHY!@SECOND,浜松)
脳内DJヒッキー (Asia組,京都)
隼人6号(静岡)
脇田康介(三河安城,名古屋)

DJ ERAGURU(Bass Love,大阪&淡路島)

naka.jpg

読者の方々へ

このベストはいずれも劣らぬベース猛者のベスト、つまりこれらの音源はDJならばとっておきの武器、商売道具だったりもする訳です。ここに紹介された150枚以上のディスクを集めるだけでそんじょそこらのDJなんて吹き飛んでしまうくらいのとっておきが惜しげもなく紹介されています。僕自身このベストを編集する中でいくつも発見がありました。是非、通の方々も初心者の方々もそれぞれにdigしがいのあるリスト/記事になっていますのでじっくり読み込んでみて下さい。紹介されている音源のほとんどはアナログ/CD/データで購入が可能です。中にはフリーの音源もあります。以下に購入先としておすすめのリンクをいくつかあげておきますので気になったディスクがあったらぜひどうぞ。

DISC SHOP ZERO
material record
Juno Download
Boomkat
Beatport
7digital

ということでベストディスクのリストはこちらから

http://www.drumnbass.org/bl2010/

合わせて読むと嬉しいベストディスクリンク集

dirty dub rockerz REWIND2010
soi-tokyo.com Presents Best Experience 2010!

Theme:DJ/CLUB
Genre:音楽

comments(0)|trackback(1)|その他|2011-01-17_17:38|page top

再開します。

ブログ再開しました。
気がつけばさっきのポストは、ほぼ一年ぶりでした。Twitterばかりやっていたら、気がついたらこんなに間が開いてしまいました。

もちろんこの一年、低音から遠ざかっていたのかというと全然そんな事はなく、ちょくちょくクラブにも出向き、レコやCD、データもかなり買ってます。寧ろ買い過ぎで消化が追いつかないくらい。

このブログではコアな音楽話しかして来なかったので、こういう近況報告みたいなのを書くのはあまりそぐわない感じがしつつも、とは言え1年も間が空いてしまったのに、何にごともなかった様に再会ってのも変かなと思いましては、まとまりのない文章を書いております。

と言うことで、ぼちぼち再起動致しますので、またお付き合い下されば幸いです。
comments(0)|trackback(0)|その他|2010-11-04_08:19|page top

Rinse FMがiPhoneアプリに登場

rinseapp2.jpg

Rinse FMのiPhoneアプリが登場。今のところ機能はRinse FMのLive放送が聴ける、ホームページに飛べるくらいの超シンプルなものですが、これが意外と便利。さくっと起動して、さくっとRinse FMを聴くって気軽さが良い。UKアーバンサウンド最深部に5秒でアクセス!

15年前の自分に教えたら、失禁しながら羨ましがるに違いない。いや10年前でも。あの頃はBBCのエアチェックテープがレコ屋で売られても価値がめちゃくちゃあった時代。

凄い未来だが、それを少し持て余している自分も居る。いやいや身体がボロボロになるまで吸収するんだよ。

rinseapp1.jpg

PS 7月からRinse FMのホームページがリニューアルされたのと同時にPodcastがiTunesから購読できなくなった。ダウンロードにはホームページのリンクから直接ダウンロードしなければいけない様。しかもデータは結構すぐ削除されている模様。結構面倒です。

Theme:音楽のある生活
Genre:音楽

comments(0)|trackback(0)|その他|2009-07-10_01:09|page top

ブログ内検索

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ACCESS BASS FREAKS

from 2008/8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。