BASS LOVE: DJエラグルの低音メモリィ

酒と低音の日々~Nights Of Shots & Bass : Grime,Dubstep,Bassline House & All Kinda Bass Sounds

PROFILE

DJ ERAGURU

Writer:DJ ERAGURU
淡路島在住。
週末は殆ど大阪在住となる低音専攻のDJ/オーガナイザー。主にFUNKY、BASSLINE HOUSE、DUBSTEP、GRIME、UK GARAGE、2STEP、BROKEN BEATS、BREAKS、D&Bなど、黒くて下半身に訴えかける低音ダンスを得意とする。関西CLUBシーンの黒系BREAKS番長。クラブで見かけたら気軽に声かけて下さい。酒おごります。笑
あ、休眠中ですがdrumnbass.orgと2step:REWINDS!!!とDIRECTもやってます。

ERAGURU'S DJ MIXES

"Bassline House promo mix"
(Bassline HouseのShort Mix)

DJ Schedules

関西を中心に活動中です。たまに名古屋や浜松、東京でPLAYしてます。ブッキングは右下のメールフォームからどうぞ。

2010.11.27.sat
ラガチャンネルvol.25@sound-channel,大阪

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

SHY FX - Raver



Shy FXの来年リリース予定の新アルバム『Larger Than Life』からの1stシングル"Raver"が、フリーダウンロードで12月6日にリリースされます。しかも、1曲だけなんてありがちなスタイルじゃなくオリジナルに加えてBreakage, MJ Cole, Skream, B.Traits, Attacca Pesante, Benny Page、そしてShy自身のリミックスも含めての、まさにUK Raver All Starsな全8曲を一気にフリーで!

既に一部先行でSHY自身のRMXとMJ COLE、BreakageのRMXが配信されているので、いち早くチェックしたい方はこちらからどうぞ!

Shy FX – Raver (Shy’s Guiness Punch Mix)
Shy FX – Raver (Breakage Pattern Moschino Remix)
Shy FX – Raver (MJ Cole remix)

(12/6追記:全曲フリーダウンロードリンク公開されました→こちらからどうぞ

上に貼り付けたPVはRaverのオリジナルver.D&Bから後半、SOCA/パトゥカーダへとなだれ込む展開に、GoldieからMJ Cole、Skream、Benga、Mala、Tunchy Striderなどなど、JUNGLE/D&B~UKG/GRIME/DUBSTEP/FUNKYのUKアーバン人脈の顔役達が走馬燈の様に登場する展開は涙もの。

全部分かった人は凄い!w

未発表のままのライナーノーツ企画(Breakageのアルバム発表に合わせて、僕に加え名古屋XLNTZクルー、東京SoiクルーというUKベース愛好家達が勝手にライナーを付けようという半オフィシャル企画)でもSHY FXが実は重要なんだという話が出ていたのですが、その予想をまさに現実化してくれた様な、この先行シングル。アルバムは更に凄い事になっているのは間違いないようです。

UKアーバンサウンドの現在進行形の最良のまとめ2011がリリースされるのは間近、期待して待ちましょう。
スポンサーサイト

Theme:DJ/CLUB
Genre:音楽

comments(0)|trackback(0)|DRUM'N'BASS/JUNGLE|2010-11-30_21:47|page top

RAGGA CHANEL VOL,25 "2周年スペシャル" @ sound-channel

58109417_190.jpg

久しぶりにDJします。例のサブベースハウスをやっちゃおうと目論見中です。
おたのしみに!

2010/11/27(sat)
RAGGA CHANEL VOL,25 "2周年スペシャル" @ sound-channel

Live:
Tchiky's from Tokyo(チーキーズ)
アチャコ with I&I
1★狂

Dj:
DUBBY BON
Akio Nagase
I.Q

Lounge Dj:
HAV
ERAGURU
FUKUDA
OKINO
SHEEZ
カバタミホ

Shop:
BUTTAH

■Open/start 22:00~morning

■Door 3,000yen/w1d
 With Flyer 2,500/w1d
 前売り 2,000/w1d

■前売りチケット取り扱い店
 カレー屋 Buttha: TEL/06-6241-5273
 Drum & Bass Records: TEL/06-6211-1044
 CussCuss: TEL/06-6251-6012
 sound-channel: TEL/06-6212-5552

■メールで前売り
 manager@sound-channel.jp
 までパーティー開催日/お名前/ご連絡先/枚数を明記の上送信ください。
 お支払いは当日エントランスにてお名前を確認の上承ります

sound-channel
大阪市中央区西心斎橋2-8-21 B1F
Tel+Fax 06(6212)5552
http://www.sound-channel.jp

犬式の元メンバーである三根星太郎と石黒祥司、そしてFlying Rhythmsの
ラティール・シーの3人が結成し、今年4月の'春風'など様々な会場で驚異的な
ライブ・パフォーマンスを披露し話題沸騰中のバンド、The Tchiky's(チーキーズ)。7インチ「OIDE」を6月にリリース!
土着感や熱気、そしてなんともサイケデリックな魔力を孕んだアフリカン・グルーヴが炸裂する

さらに!
故・花菱アチャコ(エンタツ・アチャコ)の孫のアチャマゴ久利こと、藤木久利が、大阪で結成した、知る人ぞ知るエンターテイナーカルト楽団が登場!

Theme:DJ/CLUB
Genre:音楽

comments(0)|trackback(0)|DJ PLAY|2010-11-25_03:51|page top

Rob Smith aka RSD inside da DSZ

3371.jpg

2010.11.18に下北沢のdiscshop ZEROでのRSD aka Rob SmithインストアDJの模様がustされました。今ならまだアーカイヴが残されているので、見逃した方は明晩金曜日19日静岡からスタートするRSDの2010ツアーに備えてチェックしましょう。

http://www.ustream.tv/recorded/10930135

尚、アーカイヴはいつまで残ってるのかは不明なのでお早めに!

公開終了したみたいです。


RSD in JAPAN Nov.2010

■11月19日(金)EchoLow @RAJISHAN(静岡)
http://twitter.com/xxxRajishanxxx/status/28760264085

■11月20日(土)DRUM&BASS SESSIONS @UNIT(東京)
http://www.unit-tokyo.com/schedule/2010/11/20/101120_dbs.php

■11月22日(月・祝前日)ZETTAI-MU @club NOON(大阪)
http://www.zettai-mu.net/news/1011/1122_RSD/1122.html

■11月26日(金)WONDERLAND @JB’S(名古屋)
http://www.signal-jp.com/blog/takafumi-ito/2010/11/wonderlandfeat-rsd-aka-rob-smith-1945-aka-kuranaka/

■11月27日(土)DUB SPECIALIST @Club Be Green(沖縄)
http://www.ppp-okinawa.com/cn8/event1127.html

Theme:DJ/CLUB
Genre:音楽

comments(0)|trackback(0)|GRIME/DUBSTEP|2010-11-19_02:08|page top

Rossi B & Lucaの最新mix

113834.jpg

Rossi B & Luca - Radio 1 & 1xtra 'wake up mix' (Ras Kwame show) by rossibandluca

4デッキを駆使するUKG界きってのテクニシャンRossi B & LucaのBBCのRas Kwameの番組出演時のmini mix。

1曲目に番組のホストであるRas KwameとDennis M-DubsのユニットM-Dubsの'98年のUKGクラシック"Over Here"を持ってくる辺り憎い心遣い。



A mixed bag of UK Garage, Funky, Grime & Dubstep mixed up on 4 decks.

Tracklist..

M DUBS - OVER HERE
JULIO BASHMORE - CHAZM
ADDISON GROOVE - FOOTCRAB
ROSKA - MYTH
SEIJI - WEED KILLA
ROSSI B & LUCA - TURBO ISLAND
TRC - OO AR EE
SBTRKT - THE UNSPOKEN
ROSSI B & LUCA FT. KILLA P - POLICE AR COME (ACAPELLA)
ROSSI B & LUCA - LOST IN LIMEHOUSE
MARCO DEL HORNO VS SWERVE FT. P MONEY - HO RIDDIM
SEVEN - WAIT
PYRAMID - TROUBLE (THE OTHERS REMIX)
TAXMAN - LIKE THIS
SUM TING NEW - MASH A SET
DREAM - DUB RUNNER
B LIVE FT. SKEPTA & NEWHAM GENERALS - MODERN WARFARE 2
DREAM - THE BULLDOZER
KUTZ - BIG N BAD
CHASE & STATUS FT. TEMPA T - HYPEST HYPE
16BIT - FRZR900

Rossi B & Luca facebook
Rossi B & Luca soundcloud
Rossi B & Luca twitter

Theme:DJ/CLUB
Genre:音楽

comments(0)|trackback(0)|UK GARAGE/2STEP|2010-11-19_01:20|page top

Future Garageとは?

whistla.jpg

2010年11月の今、日本ではクラブシーンに漸く浸透しつつあり最新のサウンドとして受け入れられたDubstep、そして浸透度はまだまだだが次世代のベースサウンドとして注目を受けているFunky。しかし敢えてここでバッサリと言ってしまえば、本場UKにおいてDubstepもFunkyもここ1,2年明らかに停滞している。或いは創造性と先進性をエッジを徐々に失いつつある。熱心にこれらのシーンを追いかけてきた者なら、やはり同じ様に感じているんじゃないだろうか。その証拠に、そんな流れを打破するべく、ここ1,2年でPost Dubstep、先に紹介したFunkyの進化系的動き(これは名前がまだ無いのでBassLoveでは仮にサブベースハウスと命名)、そして今日紹介するFuture Garageの動きが次々と生まれてきている。

ここ日本ではPost Dubstep的な動きについては、dbsでのLoefahでのプレイを皮切りに、下北沢のdisc shop ZEROや、各地の高感度なDJ達がそのサウンドをフォロー/紹介し、その最先鋒であるRamadanmanMartynKode9Peverelist等が来日しDJプレイを披露する事で、徐々に知られる様になってきた。

Funkyの進化系の動きについては、まだ胎動的レベルでUKですらまだその流れをまとめて紹介するメディアがいない状態なので、ここ日本で知られていないのは当然だ。

そして今日紹介するもう一つの流れがFuture Garageだ。正直、僕もここら辺の流れは最近知ったばかりなのでよく分かっていない。そこでまずはBlackdownによるシーンの立役者Whistlaへの2009年12月のインタビューを紹介することでその入り口になればと思う。

インタビューの後に関連の関連のリンクをいくつか付けておいたので、そこからWhistlaのDJや周辺のアーティストのサウンドをチェックしてFuture Garageについて各自Digしてみて欲しい。個人的にもこれからDigして先の2つの動きとの相互関係などについても考えてみたいと思っている。

例によって拙訳ゆえに誤訳も多々あるとは思いますが、大まかには間違ってないとは思いますので、より正確に知りたい方は原文を当たってみて下さい。リンクを貼っておきます。

原文へのリンク
Wot do u call it: future garage? (2009/12/28)

Future Garageシーンの立役者Whistlaへのインタビュー日本語訳はRead Moreからどうぞ。

続きを読む

Theme:DJ/CLUB
Genre:音楽

comments(2)|trackback(0)|UK GARAGE/2STEP|2010-11-13_15:09|page top

Deep Teknologi

先週の金曜日(2010/11/5)大阪心斎橋のclub TriangleにGilles Petersonが3年ぶりの来阪。ここ最近、Post Dubstep等を集めたコンピレーション『Brownswood Electric』をリリースするなど、相変わらず鋭いアンテナは衰える事がない。そんな彼のプレイの中で気になったのが、DJ開始3曲目くらいから展開されたbpm120のサブベースが唸るハウスミックスの流れが数曲続いた部分。ちょっと聴いた事がない感じで、かなり気持ちが良かった。

Brownswood Electric [日本語解説付き国内盤] (BRBW54)Brownswood Electric [日本語解説付き国内盤] (BRBW54)
(2010/06/26)
オムニバスヒプノ

商品詳細を見る


帰宅してからもあれはなんだったのだろう?という思いが持続している。最近の彼のpodcast等を調べて、アレがなんだったのかを現在調査中。まだ正体を掴めていないのだが、その課程でいくつか面白い音、動きをいくつか発見したのでここでメモ代わりに紹介しておこう。

まず今日紹介するのはDeep Teknologi周辺の動き。

[Deep Teknologi] myspace / twitter

Deep Teknologiはロンドンを拠点とするS.E.FとT.WilliamsのDJ/Producerユニット、そしてレーベルの事だ。レーベルからは現在の所T.Williamsの他にJ. Bevin、Zander Hardy 、Don Morris等が12"をリリース。 Funky house/UK funky/Deep House/Dubstepが絶妙に混じり合ったオリジナルなサウンドが展開される。先にも書いたGillesがプレイしていたサブベースハウスとでもいえる様なトラックもリリースされている。



メンバーのT.Williamsは他にもLocal ActionレーベルからTerri Walkerをft.した"Heart Beat"や、Ben Westbeechとの共作"Two Bob Note"をリリースしている。この辺りからGillesへと繋がっているのだろうかと推測。先の"Heart Beat"では、GillesのWorldwide Podcastにもゲスト出演し注目を集める新鋭プロデューサーMoscaもremixで参加している。(Moscaについては次回紹介予定)



BREACH JANUARY MIXTAPE, 2010 by benwestbeech
1. Lift it up - Kink
2. Tickle song (Falko Brockseiper remix) - Fredski and Thomas Barfood
3. Fatherlless - Breach
4. Dama s Salon (dub) - Dj Gregory
5. Restless (Julio Bashmore Remix) - Buraka Som Sistema
6. The Only way is down - Marco Del Horno
7. Ride it - Boabinga
8. Adobe - Falko Brockseiper
9. Space Odyssey - Breach and Kutz
10. Megadrive generation - Martyn
11. Around - Julio Bashmore
12. Hard Cash - Deep Teknologie
13. Two Bob Note - Breach and Deep Teknologie
14. Futurist - Instramental
15. Revenue (Untold remix) - Ramadanman
16. Spottieottiedopaliscious - Outkast

Breach名義で9月にリリースされたこの曲もヤバい。



更にはXLR8RのpodcastのDVA mixでは、DVAがT.Williamsのrmxしたトラックを収録し、Funkyとサブベースハウスが融合した様なネクストレベルのFunky mixを披露していることも注目に値するだろう。

Scratcha DVA XLR8R podcast

01 Kismet "Loose Screw"
02 T.Williams "In the Deep (DVA's Hi Emotions Remix)" (Deep Teknologi)
03 Dark Sky "High Rise"
04 Just Felix "African Sisters" (Six Red Apples)
05 DVA "Take Your Seat in the Stereo Mix"
06 L-Vis 1990 & T.Williams "Stand Up"
07 Fingaprint "Night Time (DVA's Hi Emotions Remix)" (Invasion)
08 Redlight "Source 16"
09 Cooly G "Gritting" (Dub Organizer)
10 DVA "New World Order" (DVA)
11 Benga "Falling"
12 Cooly G "Dis Boy (DVA's Hi Emotions Remix)" (DVA)
13 Brackles "Spider" (Rinse)
14 Roska "Take Off"
15 The Bug feat. Warrior Queen "Poison Dart (DVA Remix)" (Ninja Tune)
16 Sentel "Chapel 20" (Concrete Cut)
17 DVA feat. Fatima "Just Vybe (Soule:Power Mix)" (Hyperdub)
18 Gugu "AC Riddim" (DVA)
19 CPU God "Too Much Booty"

彼らのクルーにはUK FunkyのMA1も参加していて、FunkyがDeep House化する最近の動きにも呼応したトラックやmixを披露している。

思うにFunkyがHouseやDubstepと相互作用をするうちにやたらとサブベースの効いたDeep Houseの様なトラックやDJの流れがここに来て出来てきているんじゃないかと今考えている。それがFunkyのネクストレベルなろうとしているのではと。

bpmについては今のところPost Dubsep辺りの130中盤から後半よりぐっとビートダウンした、120~125くらいがこの流れの中心。

Marry Anne HobbsもDeep Teknologiには注目していて自身のRadio1の番組で彼らがDJ mixを披露している事実もここに記しておこう。

Deep Teknologi - Mary Anne Hobbs Mix - BBC Radio 1 by deepteknologi

Soundcloudの彼らのページにはS.E.F、T.WilliamsのそれぞれのDJ mixがアップされているので是非その辺りもチェックして欲しい。

Deep TeknologiのSoundcloudページ

ちなみに今日紹介した音源の多くはGillesがプレイしいたものとはbpmがかなり違う。目撃情報をtwitter等で貰ったScuba、James Blake辺りも130越えと120にはほど遠い。

もしかして最近流行のScrewメソッドを使って、全部のトラックをビートダウンして120くらいでプレイしていたのかもと想像したりしています。とりあえず途中経過なので、更に調査していこうと思います。

Theme:DJ/CLUB
Genre:音楽

comments(0)|trackback(0)|FUNKY|2010-11-08_17:13|page top

再開します。

ブログ再開しました。
気がつけばさっきのポストは、ほぼ一年ぶりでした。Twitterばかりやっていたら、気がついたらこんなに間が開いてしまいました。

もちろんこの一年、低音から遠ざかっていたのかというと全然そんな事はなく、ちょくちょくクラブにも出向き、レコやCD、データもかなり買ってます。寧ろ買い過ぎで消化が追いつかないくらい。

このブログではコアな音楽話しかして来なかったので、こういう近況報告みたいなのを書くのはあまりそぐわない感じがしつつも、とは言え1年も間が空いてしまったのに、何にごともなかった様に再会ってのも変かなと思いましては、まとまりのない文章を書いております。

と言うことで、ぼちぼち再起動致しますので、またお付き合い下されば幸いです。
comments(0)|trackback(0)|その他|2010-11-04_08:19|page top

【RWD】2001年4月20日のプレイリスト

sxs3.jpg
(2001.4.20 当日のフライヤー)

DJネグリジェ兄貴のUKGサーガを読みながら過去のアーカイブを掘っていたら、2001年の春に初めて浜松でDJした時のプレイリストが出てきました。

おそらく2step:REWINDS!!に公開したか、する予定だったかで1曲づつコメントをつけてます。当時の文章なのでかなり気恥ずかしいですが、あの頃、日本のフロアでどんな曲がプレイされていたのか?の片鱗でも感じていただければと思い恥を忍んで公開します。(^^;)

(以下、2001年に記す)

2001/04/20 step x step@planet cafe set list

1:BLOWFELT: Shake To This (uncredited Dee Kline production) (Blowfelt:BLOW 001)
*b sideのLucky Rollaが有名だけど、僕はa sideのこっちの方が好き。

2:UB40: King (Shadow Snipers main remix) (Virgin:DEP5312)
*イントロの部分の綺麗な感じがいいアクセントになってて、ブレイク後のGroovyBassを引き立てて◎。

3:JJ LOUIS/SOVEREIGN/SKAT D/MC FUZE: 007 License To Kill (Southside:SS 018)
*おなじみ僕のテーマ曲。Agoさんに何と言われようともかけ続けます。笑

4:FOS PROJECT: Check It! (Zed Bias remix) (unknown: FOS 002)
*家で聴くと結構スカスカでアレ?って思うけど、フロア映えはばっちり。

5:TEEBONE & MC SKIBADEE: Super S (Solid City:SOLID 001)
*ジャングリスト2人組のヤバMCチューン。これも家よりフロアで激映え。Skibadee最高!

6:DJ DEEKLINE vs KING KOOP: Don't Eat Da Vagina (Rat:RAT 008)
*タイトル通りレーベルがおま○この写真で爆笑。トラックもMCも最高にカッコイイ。激オシ。

7:DOUBLE 99: Freekazoid (DJ Hype "Naughty" vocal mix)(Satellite:D99X 5)
*HYPEのトラックにしてはキャッチーなところが僕は好き。

8:PUT YOUR HANDS UP: Put Your Hands Up (unknown label: HANDS 001)
*おなじみのアンセム、何度聴いてもこの盤のbass音は脳天に響きます。

9:BASS CITY ROLLAZ: Feel Tha Bass (unknown label: BCR 001)
*ハービーハンコック&DeeLiteネタのおなじみアンセム。最近はリサスタンスフィールドrmxなんてのも!

10:HARRY LIME: Just A Beat (Harry Lime: SP 008)
*Harry Limeは好きなんだけど最近はちょっとダーク過ぎてあまりかけてないけど、アクセントに。

11:WACKOBASS: Volume 2 (unknown label: MJ 0002)
*harryの渋いトラックの後に激アホのマイケルジャクソン・ネタ。僕的にはここで爆発。笑

12:YUTE, Don: Herbland (Nu Skool Players remix) (Oracabessa: ORA 12009)
*こいつもおなじみのラガアンセム。トラックは以外と地味なんだけどMC部が良いので。

13:OLLYWOOD & MR RELOAD: Stami-nami-na (Pipe & Slippers:SB 001)
*Jokerネタ。以外と地味なので美味しいトコだけ取り出して使用。

14:BEENIE MAN: Girls Dem Sugar (Architechs main mix) (Virgin US: VUST 173)
*ビーニーvsアーキテックスというエロエロ対決が最高のparty tune。

15:DJ PIED PIPER & THE MASTERS OF CEREMONIES: Do You Really Like It (Soul Food:SF 007)
*イントロの綺麗なアコースティック部とブイレイク後の畳み掛けるようなMC&Beat。理想の2step。

16:DAN, Richie & K WARREN: Temptation (12" vocal mix) (Pure Silk:PSV 008)
*Richie Danの唄がもう最高。メロもいいし、是非日本でもアンセムにしたいですね。

17:SCOTT & LEON: Shine On (original mix) (AM:PM: 12AMPMDJ 143)
*彼等は以外とトラックはしょぼいんだけど、曲がメチャクチャいいのでこれまた皆で唄いたい系。

18:BIAS, Zed: Time Out ("Just In Time" mix) (Locked On: LOCKPROMO 2)
*クールなイメージのZedですが、これはMC部がめちゃハードで唄との対比が最高。

19:LIMITED EDITION: Limited Edition Garage Mixes (unknown label:SHAG 1)
*Shaggy "It wasn't me"ネタの2stepのなかでも、これが僕は一番好き。

20:BM DUBS presents MR RUMBLE feat BRASSTOOTH & KEE: Whoomp! There It Is (original mix) (The Club Mixes) (Incentive:CENT 16T)
*実はこれで終わるつもりじゃなかったんですが、時間切れで結局これでラスト。笑

-back to back-
CASA TRAX: I Love Ayia Napa (TNT "Xplosiv" original mix) (Casa Trax:12CT 020)
*B2Bは、やっぱ馬鹿騒ぎしたいので、このアホネタ。以外にトラックは激ブトでマル。

LONYO: Garage Girls (Sunship extended mix) (Riverhorse:RIVH1212)
*そして、最後は一緒に唄いたいってことでこれ。やーカッコイイッスよね。笑

*実はもっとクイックミックスでどんどん変えていくのが僕の理想なんですが、今回は準備不足&練習不足で、全然クイックじゃなかったので、あんまりいっぱいかけれなくて残念&反省でした。汗
でも、AgoさんのMC,ダイケンさんのパーカス、そしてイミューさんの雄たけびなどに助けられて、とても楽しくDJができました。感謝です。そして僕等の楽しさがフロアのお客さん達にも伝わってたとしたら、とてもハッピーですね。ほんとSeXは、イミューさんの人柄が滲み出たhappyなvibezでいっぱいで、たのしい&これからもずっと頑張って欲しいです。
comments(1)|trackback(0)|DJ PLAY|2010-11-04_05:37|page top

ブログ内検索

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ACCESS BASS FREAKS

from 2008/8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。