BASS LOVE: DJエラグルの低音メモリィ

酒と低音の日々~Nights Of Shots & Bass : Grime,Dubstep,Bassline House & All Kinda Bass Sounds

PROFILE

DJ ERAGURU

Writer:DJ ERAGURU
淡路島在住。
週末は殆ど大阪在住となる低音専攻のDJ/オーガナイザー。主にFUNKY、BASSLINE HOUSE、DUBSTEP、GRIME、UK GARAGE、2STEP、BROKEN BEATS、BREAKS、D&Bなど、黒くて下半身に訴えかける低音ダンスを得意とする。関西CLUBシーンの黒系BREAKS番長。クラブで見かけたら気軽に声かけて下さい。酒おごります。笑
あ、休眠中ですがdrumnbass.orgと2step:REWINDS!!!とDIRECTもやってます。

ERAGURU'S DJ MIXES

"Bassline House promo mix"
(Bassline HouseのShort Mix)

DJ Schedules

関西を中心に活動中です。たまに名古屋や浜松、東京でPLAYしてます。ブッキングは右下のメールフォームからどうぞ。

2010.11.27.sat
ラガチャンネルvol.25@sound-channel,大阪

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

Ed Sheeran - No.5 Collaborations Project 【雑談2】

ed1.jpg

エラ:今日は日本ではほとんど誰も紹介していないイギリスで期待の新人Ed Sheeran君について、雑談したいと思います。

グル:そうなんだよね。イギリスでは今かなり話題になっているのに、調べた限りだと日本語で彼について書かれたものは今の所全然無い。実は1つだけ発見したんだけど、それはバイヤーでもライターでも音楽マニアでもDJでもなんでもない、イギリス留学経験のある普通の女の子のブログで、友達に教えて貰ってすごくイイ~ってのだけ。w 本来一番敏感じゃなきゃって音楽業界の人達は、実はあんまり海外の情報に興味がないのかなとちょっと悲しくなる。

エラ:そんな話はさておき、Ed Sheeranって誰?って人の為にまずは簡単な紹介を。Ed Sheeran、1991年生まれ、イングランド東部のサフォーク出身の20歳。15歳の時に自主制作でOrange Room EPでデビュー、これまでにアルバム2枚、EP4枚、ライブアルバム1枚をリリース。その全てをセルフレーベルからリリース。2008年からはロンドンに移住して活動開始、2011年Atlantic Recordsとメジャー契約を結んで、2011年夏にメジャー初のアルバム「+」をリリース予定。

グル:僕等がEdの事を知ったきっかけをまず話そう。

エラ:そうだね。少し前にtwitterのTL上で元So Solid CrewのLisa Mafiaが、UK GarageのベテランMC Champagne BubbleeのツイートをRTしてて、気になって観てみたら彼が今やっているChampagne Bubblee TVっていうyoutubeチャンネルの最新のコンテンツにEdのこの映像がアップされてたんだよね。

Ed Sheeran - Wake Me Up

グル:で、これ観てちょっと驚いちゃったんだよね。小沢健二みたいなアコギを抱えた赤毛のミック・ハックネル似の男の子が、ちょっとスイートなアコースティックポップを駐車場で演奏してる映像。今までのChampagne Bubbleeのイメージって、バリバリのガラージのMCで、関わってきた音楽はもろにUKアーバンのど真ん中、それこそジャングル/D&B、UK Garage、Grime、Dubstep、Funkyと真っ黒さ全開な訳で、実際彼のyoutubeチャンネルのコンテンツも他は、そういうものばかり。

http://www.youtube.com/user/BubbleeTV
(余談だけどここにあるSidewinder Recordsでのインストアライブが最高。DJ PrincipalがDJしてMC Rumpus唄う生Neighbourhoodが聴ける)

エラ:その中に突如として、アップされたフォーキーなこれ。訳分かんないよね。それでいつもの様に分からないことは、風に訊けじゃなくて、Googleさんに訊けってことで。

グル:で、調べてみたらEd君、今年の1月にWileyはじめJME、Sway、Devlin、Ghettsなど蒼々たる今をときめくGrime MC達とコラボアルバムをリリースしていることが発覚。しかもこれ自主レーベルからのリリースで、もちろん大々的な広告など全く無しにもかかわらずiTunes UKのチャートで1位を獲っちゃってるという。それがこのアルバム。

418.jpg

No 5 Collaborations Project

1. Lately + Devlin
2. You + Wiley
3. Family + P.Money
4. Radio + JME
5. Little Lady + Mikill Pane
6. Drown Me Out + Ghetts
7. Nightmares + Random Impulse + Sway + Wretch 32
8. Goodbye To You + Dot Rotten

エラ:それでバブリーが何で彼のTVにEdを呼んだかが納得できたんだよね。で、調べていくと面白い事実が出て来るわ出てくるわで。

グル:そもそもサフォーク出身の田舎の木訥な少年フォークシンガーが、どうしてここまで注目を集めるに至ったかという話がまず面白い。

エラ:2007年までサフォークのFlamlinghamって街でアルバム2枚、EP1枚を地味にリリースして来た彼はFacebookやtwitterを使って地道にファンを増やしていくんだけど、2008年17歳の時、ロンドンに移り住んでからもほぼ毎日いろんなところでライブをして、2009年には312回もライブをしたって言うんだ。それはJames Morrisonがインタビューで年に200回ライブをすると言うのを読んで、ならば僕はその記録を破ってやろうと決意してそれを実行するんだよね。それこそお金が無くなって宿を追い出されて、友達や知り合いの家のソファーを寝床に渡り歩きながら。

グル:そうやって徐々にファンを増やしながら、2009年には彼の代表曲であるYou Need Meを含むEPを、Just Jackのツアーに同行する直前にリリース。この辺までは一部の知る人ぞ知るという存在だったEdが一躍注目を集めるきっかけになったのが、このSB.TVの映像。

Ed Sheeran - You Need Me, I Dont Need You (Acoustic)

エラ:これホントにかっこいいよね~。このパフォーマンスを観たRapper/SingerのExampleが彼のツアーにEdを誘ったっていうのも納得。で、そこでこのコラボアルバムでも共演をしたDevlinにも知り合って、この辺りから、彼が10代の頃から憧れだったGrime MC達と繋がりができて、それが今回のアルバムの実現に繋がってる。

グル:もういっこのこの映像もおもしろくて、Exampleのツアーの楽屋でDevlinとEdがフリースタイルバトルをするんだけど、Devlinは普通にラップで、Edはギターで演奏しながら唄でフリースタイルを、延々掛け合いでやるんだ。

Ed Sheeran & Devlin going bar for bar

エラ:これ面白いよね~。僕等がEdを面白いなって思う所は、小さい頃からギターを持ってフォークやソウルやロックを唄ってた男の子が同時代的にガラージやグライム・ダブステップを聴いて育って、それが自然と音楽の中に溶け込んでる所なんだよね。彼の唄の途中でグライムラップの様に出て来る早口の部分って、遡ればフォークシンガーにも同様のスタイルはあったから、グライムとかの背景を知らなければ、そっちを連想しちゃう所なんだけど、実際はグライムの影響なんだってのがこのアルバムが示してるよね。あとこれもかっこいい。

SB.TV - Devlin x Ed Sheeran

グル:これなんてもうほとんど普通にラップのフリースタイル。このアルバムのコンセプトって実は5年前15歳の頃に思いついたんだって。SB TVのムービーで注目を集めるまでは、白人ばっかりの田舎育ちの少年にロンドンのゲットーのスーパースター達との連絡なんてとりようもなかったけど、あのムービーが多くの注目を集めて状況が一変したって。

エラ:あと凄い著名人も彼のパフォーマンスにやられてて、例えば2010年の4月に単身殆ど予定もなくLAにギター持って、いろんなコンテスト的なところに道場破りしにいくんだけど、Jamie Foxxが自分のショーに出たEdをえらく気に入っちゃって、滞在中はずっとJamieの家に泊めて貰ってたりとか、あのアカデミー俳優のジェイミー・フォックスの家にだよ。あとこのアルバムをどっかで入手して聴いたあのエルトン・ジョンが突然、Edの携帯に直電をかけてきて絶賛したりとか。サッカーのイングランドチームのキャプテンRio Ferdinandも好きだとか。

グル:まあそんな著名人絶賛話はBass Love的にはどうでもいいことなんだけど。w アコースティックギターとGrimeといえば、僕等がまず思い出すのはPlan Bだよね。2010年に出したラップ無しのソウルアルバムが売れまくっちゃって、Grimeのイメージが霞んじゃった感じもあるけど、本人はあくまでGrime/Hip Hopが自分のホームグランドだって話してて、実際既に出来上がってる新アルバムはまたラップアルバムらしいんだけど、レーベルがんなもん売れないからダメって拒否されて、今個人レーベルからリリースを計画してるらしいよ。

エラ:Plan Bといえばエルトン・ジョンとも共演しているよね。そういう意味ではエルトンがEdの事を絶賛しているのも、意外な事じゃない感じがするよね。

グル:そういわれればそうだね。Plan BとEdの比較で言えば、Plan Bは1stではしっかりラップやってて、そこにメロディックな要素が入ってるって感じであくまでもGrime/Hip Hopスタンスだったけど、Edは基本的にフォーク/ロック/ソウル的な唄中心でそれ程Grime/Hip Hop的な要素は全面に出てきてない。でも確実にその中にアーバンな音楽要素が含まれてる。そこが新しいし、面白いというか。

エラ:youtubeでの映像の衝撃度に比べると、このコラボアルバムの音はサウンド面では割と普通でまだまだこれからって感じもするけど、これだけの才能。夏にリリース予定のメジャー初のアルバムは期待して待ちたい所。

グル:とにかくこれ読んで興味を持ったら、youtubeでたくさんアップされてるEdのパフォーマンスをチェックしてみて欲しいね。あと下にリンク貼った公式サイトでAtlanticから出る予定のメジャー初アルバムの収録予定曲が入った3曲入りのフリーEPがダウンロードできるから、それも是非!

Ed Sheeran公式HP
http://www.edsheeran.com/


(2011.4.30追記)
2011.6.12に発売のメジャー初リリースは人気曲"A-TEAM"!リミキサーはShy FX、True Tiger、Koan Soundと正に分かってる布陣!

彼の従兄弟のJETHRO SHEERANは、実はRapperで、更に親戚にはLaura Sheeranというアーティストもいるという音楽ファミリーだったと判明。

ALONESTAR "RAISE 'EM UP" feat. ED SHEERAN by ALONESTAR via #soundcloud http://t.co/Y6UMYBl
スポンサーサイト

Theme:ブラックミュージック
Genre:音楽

comments(4)|trackback(0)|GRIME/DUBSTEP|2011-04-21_23:29|page top

Katy B - On A Mission 【雑談1】


On a MissionOn a Mission
(2011/04/12)
Katy B

商品詳細を見る


最近、クラブで人に合うたびにブログ更新しろ~とお叱りをよく受けます。大変ありがたい事なのですが、まとまったテーマで記事を書くというのがこのブログのスタイルなのでそういう意味ではなかなか頻繁にそういうテーマがまとまらないというのもあってどんどん更新頻度が下がってしまっているという感じなのです。

でもそうは言っても、その時々のトピックスを何らかの形で記録に残しておくのもそれなりに意味のある事だと最近は特に強く思っていて、そういう意味ではもう少し軽い感じで更新できるようなスタイルはないかなと考えて、今回から実験的に「雑談シリーズ」というのを始めたいと思います。

まとまった論という様な感じではなくて、会話形式でその時々のベースミュージックについてのトピックスを取り上げていくというスタイルで、軽い感じのこぼれ話的なノリでやっていきますが、それでもレコード会社からの資料を丸写ししたような適当なレビュー記事よりは、色々とつっこんだ話題に触れていけるのではないかと思っていますので、小規模にご期待ください。w

ということで第一弾は4/4にリリースされたUKでは話題のFunky/Dubstepの歌姫Katy Bのアルバムについて、雑談させていただきます。どうぞ~。

********************************

エラ:Katy Bといえば最初はDJ NGのTell Meだよね。UK FunkyがLondonで流行し始めた2007年、UK Funkyシーン最初のヒット曲。そこにft.された無名のBRIT School出身の女の子が彼女だった。

グル:当時の様子をyoutubeで見たのを覚えてるよ。Funkyのシーンは男ばっかりのGrimeとかDubstepの反動として生まれてきたって話を、このアルバムでもメインプロデューサーを務めているGeeneusがあるインタビューで話してて、そのyoutubeの映像はホントに女の子ばっかりのフロアーが映っててびっくりしたんだけど、その中でまだ垢抜けない素人っぽいKatyがTell Meを唄ってる。

Katy BがTell Meを唄う映像(2007)

エラ:ちなみにDubstepの聖地、クロイドンにあるBRIT Schoolは英国の権威ある音楽賞BRITアワードによって1991年に設立された14~19才の子が通うアートスクール。エイミー・ワインハウス、アデル、ジェシーJなど多数を輩出している名門。

エラ:そもそも彼女はどういうきっかけでNGの曲に参加する事になったんだっけ?

グル:当時は歌ってる彼女より、トラックメイカーのNGやMCのVersatileの方に興味があったので知らなかったんだけど、改めて調べてみたらその辺に答えてるインタビューとかが全然見つからなくて。NGは2007年頃に友達のVersatileにGeeneusを紹介されてRinse FMに入ることになったんだけど、だからGeeneusに紹介された感じなのかな。だとしてもGeenusがどうやってKatyと出会ったのかってのは分からないんだけど。

ちなみにNGはそれまでFruity Loopsなんかを使って趣味で宅録はしてたんだけど、リリース経験はなくて、たまたまVersitaleにTell Meの元になるトラックを聴かせたら、これはVocalを入れるべきだって言われて、Vocalを入れてホワイト盤をプレスしたらFunkyシーンで話題になって、最終的には2008年にDataから正規リリースされチャートにもランクインしたんだよね。当時はクラブに行かないような10代の子供たちも皆携帯とかで聴いてた位ヒットしたんだって。

エラ:そうなんだね~。その2008年にはRinse絡みでGeeneusのAs I、Jelly Jam名義のDJ Zinc+GeeneusのI Tryにft.されて、にわかにRinse周辺では注目を集める様になってくるんだよね。UK Funkyの歌姫的な感じで。同時期にZincのTake Me With YouってD&B曲や、それ以前にもSwindleのmix tapeでGrimeで唄ってたりっていう今に繋がる幅広いUKアーバンな感じは既にあったりもするんだけどね。

グル:で、とんとん拍子に2009年メジャーレコードとの契約が決まって、アルバムのレコーディングに入るんだけど、結局アルバムはRinseとコロンビアのダブルネームでリリースになるんだけどこの辺の契約の部分はよく分からないんだよね。ま、ともかく2009年はリリースらしいリリースはなくて、この辺りで自分のアルバム曲やMagnetic Manのアルバム曲のレコーディングをしてたんだろうね。あとBRITを卒業した後、短大に入学して勉強もそれなりに忙しかったのかな。翌年の2010年に大学を修了して、本格的にソロ活動を開始って流れになる。

エラ:2010年ソロとしてのファーストシングルKaty On A MissionがBengaのプロデュースで出て、これが一気にチャートの5位にランクイン。更にはft.曲2曲を含むMagnetic Manのアルバムがヒットして、一気にその知名度がアップ。Funkyの歌姫のイメージにDubstepのイメージも加わって、よりアーバンな今のKaty B像が出来上がってくるんだよね。

グル:Katy On A MissionのフリップサイドにはZincプロデュースのLouderが収録されてて、セカンドシングルのLights OnではMs Dynamiteをft.してGeeneusのプロデュースでFunky、アルバムのリードシングルではZinc+GeeneusのBroken Recordsでは再びDubstep。

エラ:このアルバムの3つの要素、Funky、Dubstep、Crack House/Electro Houseをまんべんなくリリース前に紹介しているよね。

グル:これだけ話題の旬なトラックメイカーが集合して、いかにも最先端の音がってイメージが強いけど、実際にアルバムを通して聴いてみた感想はそういうサウンドの側面よりもKatyのvocalの良さとソングライティング能力の高さが一番印象に残ったのが意外だったね。

エラ:最先端のトラックに拮抗するヴォーカルとソングライティング。

グル:だから普段こう言うクラブ系のアルバムって繰り返し聴き返したりしないんだけど、このアルバムは手に入れてから既に何回も繰り返し聞いてる。

エラ:確かにそう。より音楽的でアルバムとしての完成度も高いよね。逆に言うとトラックだけ取り出してみれば、切れ味鋭いエッジ感というよりは寧ろこなれた成熟感がある。DubstepにしてもFunkyにしても既にサウンドとしては落ち着いて来てるし、メジャー化と共に最先端の部分は別のところに移行しているよね。ポストダブステップとか。

グル:そうだね。そういう意味ではDubstepやFunky、Crack House/Electro Houseへの入門編として非常に入りやすい。去年で言うとBreakageのアルバムなんかにも近い、広くおすすめできるアルバム。UKアーバンと呼ばれる、イギリスのロンドンを中心とした都市部のブラックミュージックを基本とした音楽世界への入り口としては最高にキャッチーな1枚。

エラ:このアルバムが気に入ったら、プロデューサーのMagnetic ManやSkreamのアルバム、ZincのCrack HouseシリーズのEP、あとGeeneusのアルバムや彼の主催するこのアルバムのリリース元のRinseレーベルのmix CDのシリーズを順番に集めていくのもイイよね。特にRinseのMix CDは現在進行形のUKアーバンのドキュメントになっているから、UKのクラブシーンで今何が起こっているのかを知るには最高のテキスト。かつ単純に聴いててカッコイイ音が一杯だから!

おすすめのリンク:
Rinse FM
アルバムのメインプロデューサーGeeneusが運営するRinse FMはUKアーバンの最先端を10年以上に渡ってアンダーグランドで支えるFM局。リアルタイムの放送はネットで聴くこともできるし、Podcastとして一部はmp3で聴く事も出来る。またレーベルも運営していてMix CDのシリーズはRinse FMを濃縮したサンプルとしておすすめ。


Magnetic ManMagnetic Man
(2010/10/26)
Magnetic Man

商品詳細を見る

OUTSIDE THE BOX [解説・ボーナストラック付き国内盤] (HYDRA-008)OUTSIDE THE BOX [解説・ボーナストラック付き国内盤] (HYDRA-008)
(2010/09/25)
Skream

商品詳細を見る


Crackhouse Vol 2Crackhouse Vol 2
(2010/07/19)
Zinc

商品詳細を見る

Geeneus 1 (Bonus CD)Geeneus 1 (Bonus CD)
(2009/01/06)
Geeneus

商品詳細を見る

Rinse: 12Rinse: 12
(2010/06/08)
Various Artists

商品詳細を見る

Theme:DJ/CLUB
Genre:音楽

comments(0)|trackback(0)|FUNKY|2011-04-19_11:51|page top

【番外編】デモについて思うこと

久々の更新がベースと関係ないことで申し訳ありませんが、twitterで呟こうと思ったけど長すぎて呟けなかったのでこちらに書きました。

*********************

これは個人的な考えだけど、デモが政治や企業を「直接」動かす事はない。それは過去の例を見ても、現在進行形で世界中で起こっている例を見ても明らかだ。でも「間接的」にならそれは可能な場合もある。世論が政治を動かし企業を動かす事はあり得る。そういう意味でデモが訴えかける相手はまず国民。多くの国民にメッセージが届くためには現状、TVや新聞等の既成マスメディアで報道される事が必要だ。しかし、今日のデモがどんな規模になるのかは分からないが、それが直ちに世論を動かす様な報道がされる事はないだろう。或いは殆ど報道されないかも知れない。TVや新聞等の大手既成メディアには期待できない。

だからといって今日の様なデモが全く無意味だとは言わない。訴えはソーシャルメディア等を通じてじわじわと広まるかもしれない。だがそれもネットの中でだけで留まってしまう話かもしれない。現時点で世論を形成できる程、ネットの住人は多くない。或いは世界には報じられるかも知れない。それが日本への外圧となって政府や企業を動かす事もあり得るかも知れない。しかし現時点でのその可能性は低いだろう。

それらの可能性を総合的に考えたとして、今後重要なのは訴えたいことがあるならデモやネットを通じてメッセージを発し続けると同時に、それ以外の大多数に届く手段なりメディアを探す、もしくは新たに作り出す事が一番重要。それを根気強く続ける。その視点が欠けている限りデモが政治や企業を変えることは多分ない。今までの多くのデモと同じく時が経てば大手既成メディアの力で記憶を上書きされ忘れ去られてしまうだろう。
comments(0)|trackback(0)|その他|2011-04-10_12:49|page top

ブログ内検索

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ACCESS BASS FREAKS

from 2008/8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。