BASS LOVE: DJエラグルの低音メモリィ

酒と低音の日々~Nights Of Shots & Bass : Grime,Dubstep,Bassline House & All Kinda Bass Sounds

PROFILE

DJ ERAGURU

Writer:DJ ERAGURU
淡路島在住。
週末は殆ど大阪在住となる低音専攻のDJ/オーガナイザー。主にFUNKY、BASSLINE HOUSE、DUBSTEP、GRIME、UK GARAGE、2STEP、BROKEN BEATS、BREAKS、D&Bなど、黒くて下半身に訴えかける低音ダンスを得意とする。関西CLUBシーンの黒系BREAKS番長。クラブで見かけたら気軽に声かけて下さい。酒おごります。笑
あ、休眠中ですがdrumnbass.orgと2step:REWINDS!!!とDIRECTもやってます。

ERAGURU'S DJ MIXES

"Bassline House promo mix"
(Bassline HouseのShort Mix)

DJ Schedules

関西を中心に活動中です。たまに名古屋や浜松、東京でPLAYしてます。ブッキングは右下のメールフォームからどうぞ。

2010.11.27.sat
ラガチャンネルvol.25@sound-channel,大阪

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

Skream - Burnin' Up (Jungle Tribute)



Skream - Burnin' Up (Digital Soundboy)

只今絶賛来日中のSHY FXのレーベルDigital Soundboy(略してDSB)。2005年に設立され、ジャンルにこだわらず未知のグッドミュージックを紹介するレーベルと謳ってはいたものの、実際はSHY FX + T POWER、BREAKAGE、BENNEY PAGEなど、基本的にはD&Bのレーベルだった。しかし去年Caspaの12"をリリースした辺りから、俄然その本来の趣旨(ある意味SHY FX一流の時代を読むセンス)が形になって現れてきた。

Caspa - Floor Dem (Digital Soundboy)

もちろんDSBのメインアーティストの一人、BREAKAGEもまたハーフステップ/DUB的D&B~DUBSTEPをリリースしてきた流れ、或いはD&Bシーン自体がDUBSTEPのシーンに近接してきた(D&BアーティストがDUBSTEPトラックをリリースすることが多くなってきた)ことから考えれば、取り立てて驚く事でもなかった。

Breakage ft. David Rodigan - Together
※伝説の白人UKレゲエDJ David Rodigan爺をft.!

しかし2009年に入って、ForthcomingとしてアナウンスされたのがBroken Beatsを代表するBugz In The AtticのメンバーでもあるDaz-I-Kueの"Solid As Concrete/Domino Effect"、この意外なリリース発表の驚きに続き、この夏には、UK FunkyシーンでDubplateがブレイク中のAttacca Pesanteの"Make It Funky For Me"をリリース、そして更にはDubstepシーンのトッププロデューサーSkreamの新機軸"Burnin' Up (Jungle Tribute)"のリリースと立て続けに、D&B以外のUKアーバンベースミュージックへのアプローチが始まり、その本来のレーベルスタンスである「なんでもアリ感」が出てきて俄然注目度がアップ。

Daz-I-Kue "Solid As Concrete/Domino Effect"
Attacca Pesante - Make It Funky For Me (Digital Soundboy)

そしてもう一つ個人的に注目しているのが(そしてひょっとして時代の匂いをいち早く察知するSHY FXも同じ事を考えて(感じて)いるのではないかと思うのが)、Skreamのトラック名にも端的に表現されているJungleを代表するリディムネタ"アーメン(Amen)"のBPMを130~140台のGarage BPMへスローダウンしたトラックが、増えてきている事だ。

もともとJungleにおけるアーメン使いが、オリジナルのBreak Beatsネタ"Amen Brother"をBPM 160~170台に高速化したものなのは、既知の通りだが、Jungleを経由してBPMが逆にスローダウンすることで新たなGrooveが生まれようとしてきている、そんな予感がするのだ。

偶然か必然かDSBからリリースされようとしているSkream、Daz-I-Kueのトラックが両方ともDubstep、Broken Beatsとジャンルは異れど同じスローアーメンアプローチで、更にそれをリリースするのがオリジナルジャングリストとして散々アーメンを使い倒したSHY FXのレーベルDSBというのには何かの符合を感じざるを得ない。

この他にも、先日遂に傑作初アルバムをリリースしたGarage/UK FunkyのDonaeoのアルバム冒頭のキラーチューン"Riot Music"が、同じくスローアーメン使いでヤバい。

Donaeo - Riot Music

最近は多忙でRinse FMのmixや1Xtraなどいろいろチェックする時間がないので、これ以外にも多数、同アプローチの曲があるのかもしれないが、このスローアーメン使い、もしかしたら新しい流れになるかもしれないので、ちょっと注目して置こうと思う。

そして、今回の記事の中心となっているDSBを主催するSHY FXが現在来日中でBREAKAGEと共に来日ツアーを今週の金曜日17日を皮切りにスタートする。何かヒントが、或いはこのツアーでのプレイで聴き取れるかもしれない。興味を持った方は東京・大阪・広島・福岡のいずれかの日程に足を運んでみてはどうだろう。

もちろん僕もいく予定です。

SHY FX JAPAN TOUR2009
7/17(FRI) 広島:CLUB CHINA TOWN (問)082-247-5270
7/18(SAT)東京:UNIT (問)03-5459-8630
7/19(SUN) 大阪 :名村造船所跡地(BLACKCHAMBER&STUDIO PARUTITA) (問)06-6212-2264(TRIANGLE )
7/20(MON) 福岡:graf (問)092-733-1199

※東京と大阪公演はSHY FX+BREAKAGE
広島と福岡はSHY FX

詳しくは
http://www.dbs-tokyo.com/top.html

Theme:DJ/CLUB
Genre:音楽

comments(1)|trackback(0)|GRIME/DUBSTEP|2009-07-15_08:19|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ご無沙汰+ブログ復活おめ。笑

わたくしはUnitに行ってまいりますが、ボスはどちらへ?

最近はドラムンもすこし面白くなってきてるような気がします。
97-98年な雰囲気とか、1/2ビートとかの変なものが混ざって、
時々面白い音がありますな。

そういえば今年は大塩なしですか?

ブログ内検索

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ACCESS BASS FREAKS

from 2008/8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。