BASS LOVE: DJエラグルの低音メモリィ

酒と低音の日々~Nights Of Shots & Bass : Grime,Dubstep,Bassline House & All Kinda Bass Sounds

PROFILE

DJ ERAGURU

Writer:DJ ERAGURU
淡路島在住。
週末は殆ど大阪在住となる低音専攻のDJ/オーガナイザー。主にFUNKY、BASSLINE HOUSE、DUBSTEP、GRIME、UK GARAGE、2STEP、BROKEN BEATS、BREAKS、D&Bなど、黒くて下半身に訴えかける低音ダンスを得意とする。関西CLUBシーンの黒系BREAKS番長。クラブで見かけたら気軽に声かけて下さい。酒おごります。笑
あ、休眠中ですがdrumnbass.orgと2step:REWINDS!!!とDIRECTもやってます。

ERAGURU'S DJ MIXES

"Bassline House promo mix"
(Bassline HouseのShort Mix)

DJ Schedules

関西を中心に活動中です。たまに名古屋や浜松、東京でPLAYしてます。ブッキングは右下のメールフォームからどうぞ。

2010.11.27.sat
ラガチャンネルvol.25@sound-channel,大阪

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

Deep Teknologi

先週の金曜日(2010/11/5)大阪心斎橋のclub TriangleにGilles Petersonが3年ぶりの来阪。ここ最近、Post Dubstep等を集めたコンピレーション『Brownswood Electric』をリリースするなど、相変わらず鋭いアンテナは衰える事がない。そんな彼のプレイの中で気になったのが、DJ開始3曲目くらいから展開されたbpm120のサブベースが唸るハウスミックスの流れが数曲続いた部分。ちょっと聴いた事がない感じで、かなり気持ちが良かった。

Brownswood Electric [日本語解説付き国内盤] (BRBW54)Brownswood Electric [日本語解説付き国内盤] (BRBW54)
(2010/06/26)
オムニバスヒプノ

商品詳細を見る


帰宅してからもあれはなんだったのだろう?という思いが持続している。最近の彼のpodcast等を調べて、アレがなんだったのかを現在調査中。まだ正体を掴めていないのだが、その課程でいくつか面白い音、動きをいくつか発見したのでここでメモ代わりに紹介しておこう。

まず今日紹介するのはDeep Teknologi周辺の動き。

[Deep Teknologi] myspace / twitter

Deep Teknologiはロンドンを拠点とするS.E.FとT.WilliamsのDJ/Producerユニット、そしてレーベルの事だ。レーベルからは現在の所T.Williamsの他にJ. Bevin、Zander Hardy 、Don Morris等が12"をリリース。 Funky house/UK funky/Deep House/Dubstepが絶妙に混じり合ったオリジナルなサウンドが展開される。先にも書いたGillesがプレイしていたサブベースハウスとでもいえる様なトラックもリリースされている。



メンバーのT.Williamsは他にもLocal ActionレーベルからTerri Walkerをft.した"Heart Beat"や、Ben Westbeechとの共作"Two Bob Note"をリリースしている。この辺りからGillesへと繋がっているのだろうかと推測。先の"Heart Beat"では、GillesのWorldwide Podcastにもゲスト出演し注目を集める新鋭プロデューサーMoscaもremixで参加している。(Moscaについては次回紹介予定)



BREACH JANUARY MIXTAPE, 2010 by benwestbeech
1. Lift it up - Kink
2. Tickle song (Falko Brockseiper remix) - Fredski and Thomas Barfood
3. Fatherlless - Breach
4. Dama s Salon (dub) - Dj Gregory
5. Restless (Julio Bashmore Remix) - Buraka Som Sistema
6. The Only way is down - Marco Del Horno
7. Ride it - Boabinga
8. Adobe - Falko Brockseiper
9. Space Odyssey - Breach and Kutz
10. Megadrive generation - Martyn
11. Around - Julio Bashmore
12. Hard Cash - Deep Teknologie
13. Two Bob Note - Breach and Deep Teknologie
14. Futurist - Instramental
15. Revenue (Untold remix) - Ramadanman
16. Spottieottiedopaliscious - Outkast

Breach名義で9月にリリースされたこの曲もヤバい。



更にはXLR8RのpodcastのDVA mixでは、DVAがT.Williamsのrmxしたトラックを収録し、Funkyとサブベースハウスが融合した様なネクストレベルのFunky mixを披露していることも注目に値するだろう。

Scratcha DVA XLR8R podcast

01 Kismet "Loose Screw"
02 T.Williams "In the Deep (DVA's Hi Emotions Remix)" (Deep Teknologi)
03 Dark Sky "High Rise"
04 Just Felix "African Sisters" (Six Red Apples)
05 DVA "Take Your Seat in the Stereo Mix"
06 L-Vis 1990 & T.Williams "Stand Up"
07 Fingaprint "Night Time (DVA's Hi Emotions Remix)" (Invasion)
08 Redlight "Source 16"
09 Cooly G "Gritting" (Dub Organizer)
10 DVA "New World Order" (DVA)
11 Benga "Falling"
12 Cooly G "Dis Boy (DVA's Hi Emotions Remix)" (DVA)
13 Brackles "Spider" (Rinse)
14 Roska "Take Off"
15 The Bug feat. Warrior Queen "Poison Dart (DVA Remix)" (Ninja Tune)
16 Sentel "Chapel 20" (Concrete Cut)
17 DVA feat. Fatima "Just Vybe (Soule:Power Mix)" (Hyperdub)
18 Gugu "AC Riddim" (DVA)
19 CPU God "Too Much Booty"

彼らのクルーにはUK FunkyのMA1も参加していて、FunkyがDeep House化する最近の動きにも呼応したトラックやmixを披露している。

思うにFunkyがHouseやDubstepと相互作用をするうちにやたらとサブベースの効いたDeep Houseの様なトラックやDJの流れがここに来て出来てきているんじゃないかと今考えている。それがFunkyのネクストレベルなろうとしているのではと。

bpmについては今のところPost Dubsep辺りの130中盤から後半よりぐっとビートダウンした、120~125くらいがこの流れの中心。

Marry Anne HobbsもDeep Teknologiには注目していて自身のRadio1の番組で彼らがDJ mixを披露している事実もここに記しておこう。

Deep Teknologi - Mary Anne Hobbs Mix - BBC Radio 1 by deepteknologi

Soundcloudの彼らのページにはS.E.F、T.WilliamsのそれぞれのDJ mixがアップされているので是非その辺りもチェックして欲しい。

Deep TeknologiのSoundcloudページ

ちなみに今日紹介した音源の多くはGillesがプレイしいたものとはbpmがかなり違う。目撃情報をtwitter等で貰ったScuba、James Blake辺りも130越えと120にはほど遠い。

もしかして最近流行のScrewメソッドを使って、全部のトラックをビートダウンして120くらいでプレイしていたのかもと想像したりしています。とりあえず途中経過なので、更に調査していこうと思います。

Theme:DJ/CLUB
Genre:音楽

comments(0)|trackback(0)|FUNKY|2010-11-08_17:13|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ACCESS BASS FREAKS

from 2008/8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。