BASS LOVE: DJエラグルの低音メモリィ

酒と低音の日々~Nights Of Shots & Bass : Grime,Dubstep,Bassline House & All Kinda Bass Sounds

PROFILE

DJ ERAGURU

Writer:DJ ERAGURU
淡路島在住。
週末は殆ど大阪在住となる低音専攻のDJ/オーガナイザー。主にFUNKY、BASSLINE HOUSE、DUBSTEP、GRIME、UK GARAGE、2STEP、BROKEN BEATS、BREAKS、D&Bなど、黒くて下半身に訴えかける低音ダンスを得意とする。関西CLUBシーンの黒系BREAKS番長。クラブで見かけたら気軽に声かけて下さい。酒おごります。笑
あ、休眠中ですがdrumnbass.orgと2step:REWINDS!!!とDIRECTもやってます。

ERAGURU'S DJ MIXES

"Bassline House promo mix"
(Bassline HouseのShort Mix)

DJ Schedules

関西を中心に活動中です。たまに名古屋や浜松、東京でPLAYしてます。ブッキングは右下のメールフォームからどうぞ。

2010.11.27.sat
ラガチャンネルvol.25@sound-channel,大阪

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

Future Garageとは?

whistla.jpg

2010年11月の今、日本ではクラブシーンに漸く浸透しつつあり最新のサウンドとして受け入れられたDubstep、そして浸透度はまだまだだが次世代のベースサウンドとして注目を受けているFunky。しかし敢えてここでバッサリと言ってしまえば、本場UKにおいてDubstepもFunkyもここ1,2年明らかに停滞している。或いは創造性と先進性をエッジを徐々に失いつつある。熱心にこれらのシーンを追いかけてきた者なら、やはり同じ様に感じているんじゃないだろうか。その証拠に、そんな流れを打破するべく、ここ1,2年でPost Dubstep、先に紹介したFunkyの進化系的動き(これは名前がまだ無いのでBassLoveでは仮にサブベースハウスと命名)、そして今日紹介するFuture Garageの動きが次々と生まれてきている。

ここ日本ではPost Dubstep的な動きについては、dbsでのLoefahでのプレイを皮切りに、下北沢のdisc shop ZEROや、各地の高感度なDJ達がそのサウンドをフォロー/紹介し、その最先鋒であるRamadanmanMartynKode9Peverelist等が来日しDJプレイを披露する事で、徐々に知られる様になってきた。

Funkyの進化系の動きについては、まだ胎動的レベルでUKですらまだその流れをまとめて紹介するメディアがいない状態なので、ここ日本で知られていないのは当然だ。

そして今日紹介するもう一つの流れがFuture Garageだ。正直、僕もここら辺の流れは最近知ったばかりなのでよく分かっていない。そこでまずはBlackdownによるシーンの立役者Whistlaへの2009年12月のインタビューを紹介することでその入り口になればと思う。

インタビューの後に関連の関連のリンクをいくつか付けておいたので、そこからWhistlaのDJや周辺のアーティストのサウンドをチェックしてFuture Garageについて各自Digしてみて欲しい。個人的にもこれからDigして先の2つの動きとの相互関係などについても考えてみたいと思っている。

例によって拙訳ゆえに誤訳も多々あるとは思いますが、大まかには間違ってないとは思いますので、より正確に知りたい方は原文を当たってみて下さい。リンクを貼っておきます。

原文へのリンク
Wot do u call it: future garage? (2009/12/28)

Future Garageシーンの立役者Whistlaへのインタビュー日本語訳はRead Moreからどうぞ。
:
:
:

「 Future Garageとは何か?」(2009.12 BlackdownによるWhistlaへのインタビュー)


Blackdown(以下B): まず君のことを知らない人達の為に、自己紹介をしてくれるかな?君が誰で、どんな音楽をやっているのか、DJ歴やDJをしてる場所、やってるレーベルの事とかを教えてくれるかな?

Whistla(以下W): 名前はWhistla、僕はAtari-420って名前でSub.FMを運営している。L2S Recordingsを主催していて、Future Garage ForumFuture Garage Facebook Pageもやっている。1997年からDJをやっていて、同じ年数だけプロデュースもやっている。最初は90年代の初めハードコアのレイブにハマって、その後少し大人になって、ただ聴いたり踊ったりするだけじゃなくて、曲を作ったりDJしたりするようになった。一番最初にパイレーツラジオでプレイしたのはAddiction FMで、それからそこの運営の手伝いを局が無くなるまでやってた。それからEruption FMに移って、ハードコアから離れ、初期のブレイクスと成長過程のガラージにハマった。僕の音楽の進化はかなりNuumっぽい(訳注:Hardcore ContinuumというWire誌に不定期に掲載されているHardcore Break BeatsからJungle/D&B~UK Garage~Dubstep/Grimeを一連の流れとして捉えるSimon Reynoldsの一連の評論文のことと思われる)といってもいいね、例外的にドラムンベースにはハマらなかったけども。僕はハードコアからガラージとブレイクスに流れていったんだけど、ドラムンは僕のテイストからするとBPMが早すぎたんだよね。僕は2000年の1年間、長い放浪の旅に出て、アジア各地を旅して、オーストラリアにしばらく住んだ。帰国してすぐに音楽に戻った。その頃はパーティのForwardのごく初期の頃で、いろんなところで比較的流動的なスタイルでDJした。ダークガラージやブレイクス、クラシックスをプレイしてた。その頃に僕はSub.FMを始めたんだ。インターネットでそれが出来る様になった早い時期から、僕はずっとインターネットでパイレーツ放送をやりたかったんだ。で、局をはじめたら、すべてが転がり始めたんだ。僕がプレイしてた様な音楽にダブステップという名前が付いて、局の成長が僕の曲作りの後押しをした。で、そんなこんなで今に至るという感じかな。僕がレジデンツを務めているブライトンのSuperdubpressureって2ヶ月に1回のパーティで僕のプレイが聴ける。あとはロンドン、UK各地で定期的にプレイしている。次のWoofer Attackでもやるし、この12月はベニスとキエフにヨーロッパツアーをしに行くよ。

B: 「Future Garage」について聴きたいんだけど、君はこの言葉(ターム)を「ジャンルというよりはムーブメント」言い換えれば「(未来的なガラージという意味じゃなく)ガラージには未来がある」という意味だという発言をしていたんだけど、最近注目を集めているこの言葉について、そう発言した背景を教えて欲しいんだ。何が君をこの方向性に導いたのかを。

W: うーんそうだな。つまり、ぶっちゃけていうともうダブステップは僕が作りたい、そしてDJプレイしたい音楽じゃなくなったんだ。以前の様にはヴァイブスを今のダブステップには感じられなくなった。だから、僕が欲しい音について考える様になったんだ。スキットするハイハット、スイング、シャッフルそしてドラム!ベースだけが重要って考えから進化したんだ、もちろんベースは依然として重要ではあるんだけどね!僕にとっては、少なくとも、ダブステップって言葉は僕が個人的に最初の頃に感じてた音とは違う音楽を意味する様になってきたんだ。言葉は常に変化するからそれは仕方がないことなんだけど。で、「じゃあ、僕がプレイしている音楽は何て呼んだらいいんだろう?」ってなった。だから「サイケデリックガラージ」とか「デトロイト2ステップ」とかいろんな風に呼んでみたんだ。。で、皆の共感を得たのが「Future Garage」って言葉だったのさ。こんな風にこの言葉は自然に選ばれた物なんだよ。「ポストダブステップ」って言葉を当てはめようと考えたこともあったけど、今ある多様なスタイルを、その言葉で片付けてしまうのは、ちょっと危険だなと思って。あと、ジャンルの名前を「押す」ことで間違った方へ導いてしまう恐れを感じてた。(それはダブステップの時にも起こったことだよね。もちろんその片棒を僕も担いだからその意味では有罪という自覚は僕にもある)僕が思うに、サウンドを「押し」てしまうと、画一的なプロダクションの蔓延を導いてしまうんだ。作り手は皆、流行に乗りたくて、そのサウンドに殺到してしまう。「Future Garage」って名前は、売るためのラベルってよりは、音楽そのものを表すのにいい様な気がするんだ。そういう意味で、Future Garageはジャンルを指す言葉じゃないんだ。ダブステップの様にこれが最終形という訳じゃなく、Future Garageはガラージが一つのスタイルとしてこうあるべきという視点を共有するDJやプロデューサーの集まりとしてではなくて、幅広い異なった視点をもった全てを指しているんだ。Future Garageは言わば、ガラージの再生産ではなくて、再びガラージに思いをはせることなんだ。誰もここから何が起こるかは分からない、しかしその歩みを止めることは出来ない、Future Garageは、新しい世代の始まりだ。彼らは今までのガラージの良質な部分を使って、自分のスタイルで新しい音楽の流れを生み出そうとしている。

B: なるほど。で何故、今なの?

W: 今、ダブステップって名前の元でやっていたり、かつてやっていたガラージに影響を受けた多くのプロデューサー達にとって、ダブステップって呼び名がフィットしなくなってきたんじゃないかと僕は考えてるから。僕自身、ダブステップは今の僕の音楽には既にフィットしていないことを知っているし、多くの連中にもそれは当てはまるんじゃないかな。この音楽を説明する方法が他に必要になってきたんだ。

B: この流れをフォローしたければ、どんなレーベルやアーティストやDJをチェックしたらいい?

W: レーベルだったらL2S Recordings, Night Audio, Bass Machine Music, Furioso, Frisjfo Beats, Smokin Sessions辺り、あと, 最近のKeysound(Blackdownのレーベル)の何作かはヤバいよね。プロデューサーやDJなら、Submerse, Littlefoot, Clueless, M2J, Monz, Dawntreader, Erra, Touch, Sines, Demos, Dom, VVV, ReSketch, Synkro, KingThing, Fused Forces, Sully, Sclist, Kanvas, Pangaea, Dokument, Cosmic Revenge, Point B、そして僕。w

B: あとDusk + Blackdownも忘れないでね。w さて話を進めよう。君はFuture Garage Facebook Pageと今はForumもやっているよね。これらはFuture Garageについて話したり議論したりすることで、この流れをまとめる役に立っている様に見えるけど、それが狙い?

W: まさにその通りだよ。Future Garageについての情報を得たり、交流したりする場所が何処にもなかったんだ。Dubstep Forumにもスレッドがあったんだけれど大海原に紛れて、完全に気づかれない様な状態。Facebookを始めたのは、Forumを始める価値があるのかどうかを見極めたくて始めたんだ。そしたら反応があったのでForumも始めた。それは徐々に今、成長しているところだよ。まるで初期のDubstep Forumを思わせる感じで。

B: 多くの興味深い人々がダブステップシーンから離れている。hyperdub/wonky/synth/hip hop stuff, grime, UK houseそしてfunky、それと同様にclassic 2step/uk garageと、多くの異なる創造性のエリアがあるよね。君はこれら他のシーンとの交配や交流にオープンな姿勢なのか、それともFuture Garageには、それ自身の厳しい方向性があるのかどちら?

W: 僕は交配こそがFuture Garageそのものだと思う。多くの場所からの影響をブレンドした物、しかしそこにはガラージの枠組みがしっかりあるという。ガラージの枠組みの中の交配、それがFuture Garageなんだ。いまFuture Garageのリリースに興味のある他のシーンの様々なプロデューサー達に僕は連絡を取っているんだ。今決まっているリリースで楽しみにしているのが、古くからガラージシーンで活躍するプロデューサーDuncan PowellのL2SからのEP "Came Into View EP"だよ。

B: 君はFuture Garage Forumで、君たち周辺の動きを単に「ガラージ」って呼んだら良いんじゃないの?という話題について反論していたよね。「So Solidとその取り巻きが2stepの希望を破壊した、だからその言葉はもう受け入れられない」と。何故、僕が今こう言う事を言うのかというと、数週間前の日曜日のFWD>>でJoy Orbisonが、彼はハウスに影響を受けたアーティストだけれど、ダブステップのパーティでプレイした。で、彼はそこで良い感じに受け入れられていたんだ。FWD>>の古くからの常連たちより、もっと若くて学生っぽいコ達にね。Spyroはちょっと前、WileyのEskimoやSo SolidのDilemaやそんな感じのをいわゆるガラージをプレイして受けてた。だから僕が思うに、ガラージって言葉には既にダーティなイメージはないんじゃないかって。Garageって言葉にはもっと可能性があるんじゃないかって思うんだけど?

W: 君の言っていることは正しいと思うよ。若いお客さん達にとっては「ガラージ」は、もうそれ程ダーティな言葉じゃない。でも、「ガラージ」には「ママが聴いてる音楽」という別の意味合いも出てきてるんだよ、18才のコ達なんかには。彼らの親達はたぶんEZの昔のmixを車とかで聴いてるんだよ。だからシンプルに「ガラージ」って呼ぶ事には、そういう意味でも問題があると思うんだ。それに僕にとっては実際、それは単なる「ガラージ」じゃないんだよ。(僕が典型的なガラージの印だと思う)R&Bの単純なサンプリングも無いし、全体的なアプローチも全く違う。それは着飾って踊るための音楽じゃない、それは女の子を口説くための音楽ってよりも、一晩中踊りまくる音楽。どこか新しくて刺激的なダンスミュージックなんだ。「2step」ってタグも「ガラージ」と同様の問題がある。でもこちらは「ガラージ」と単にいうよりも、更に悪名が高い。So Solidとかの2stepの連中は、多くの信頼できるガラージの人達にとっては例外的な存在で、完全に信頼が無く、その悪影響はハウスにまで及んでいる。僕はそんな多くの人にとってマイナスイメージの言葉を使いたくない。いずれにしてもFuture Garageは2stepだというのは間違い。

B: Future Garage Roomの中でThe elephantは僕にとって、UK FunkyはFuture Garageだとすんなりと理解できるパーティだと思う。もしくはUK FunkyはUKGの次の段階だと。僕にしたら、どんなガラージアイデアのリバイバルも熱意を持ってベストを尽くすべきだと思うし、Funkyシーンのアイデアはロンドンの草の根のサポートを受けているし、勢いもある。しかし、僕は君がFunkyに対してそれ程熱心じゃない感じがするんだけど、 Future GarageとFunkyの相互作用についてはどうなの?

W: 君の言うとおりだよ。確かに僕はUK Funkyについてはかなり違和感があるんだ。僕はUKGパート2のアイデアをそれ程好きじゃないし、UKGパート1で起こったのと同じパターンを繰り返すのが目に見える。ドレスコード、MC達、チャラいクロスオーバー、1年半の間にパート1で起こった全てのことが起こった。でも、UK Funkyが流行って僕たちのシーンが放って置かれたせいで、ハイプな連中に食いつぶされることなく自分たちのシーンを築く事が出来たのは良かったよ。もしUK FunkyとFuture Garageの相互作用を推し進めるなら、UK FunkyとFuture Garageは別々の部屋にするね。僕ならそうする。それに僕にはUK Funkyは全然ガラージっぽくは聞こえないんだ。スイングもないし、シャッフルも少ない、加えてトロピカルビーツとソカパターンは、僕の好みじゃない。僕が聴いたUK Funkyの殆どは僕のテイストからすればハウス過ぎるか、ブロークンビーツっぽ過ぎる。多くのUK Funkyはガラージからの影響よりは、アシッドハウス時代からの影響が多く感じられる。Future Garageには僕が欲しい説明できない何かがあるんだ。それはUK Funkyにはない。それに他のシーンの成功で儲けようとするのは間違っている。Future Garageシーンは自身のサウンドで、自身のやり方でやっていくべきなんだ。

B: Wonkyが消えて、それがジャンル名と意図されたものじゃないにしても、それがどんなモノだったかを誰も覚えていないって事からも、ジャンルや呼び名について議論しすぎるのは良くないと分かっているんだけれど、「Future」って言葉がどうも引っかかっているんだよね。未来派って学派があるし、ライターの僕からすれば、音楽の文脈の中で使われすぎてる言葉なんだ。それは自身で叶える事の出来ない予言のような物。いつまでも未来でいられる訳ではないし、時と共に古びてしまう。例えば80年代の素晴らしいデトロイトのレコード達なんかがそう。それに「ガラージ」って言葉に戻ることが、「未来(Future)」が少なくて、「過去」や「現在」が多いって事にはならないと思う。このことについてはどう思う?

W: さっきも言った様に、僕はFuture garageをジャンル名じゃなくてムーブメントと捉えてるんだ。これは最先端のサウンドとスタイルを共有するたくさんの新しい音楽を表すシンプルなやり方なんだ。僕にとって「Future」とは、斬新さと現代的なアプローチを意味するんだ。もちろんこの言葉はこの先10年の間には古びていくかもしれない。でもその頃にはFuture Garageと呼ばれた音楽は、他の誰かによって別の呼び方が付けられていると思うよ。それはダンスミュージックにとって自然な事だし、特に自身のサウンドを常に進化させよう努力するプロデューサー達の生み出す音楽はそうなる。Future Garageはガラージを新しい場所に連れて行くムーブメントなんだ。Garageに未来が来たとするなら、僕らは既に未来にいる。でもそれが起こった時に、僕らはそれをなんて呼べばいいかなんて今は分からないよ。僕は呼び名に重きを置く必要はないと思うんだ。Dubstepって言葉に、重きを起きすぎた奴らがどんな苦しみを味わっているか観てみなよ。呼び名なんてのは、単に自分が手に入れた物が何かって知らせるだけのものなんだよ。その言葉がもう適当じゃなくなったなら、他のもっと良いのを使えばいい。今Dubstepが迎えてるのはそういう段階さ、それは上手い表現じゃなくなった。で僕らがその代わりに使っているのが「Future Garage」ってだけ。いずれまた変化を迎えた時には、他の奴らが他の呼び方を始めるだろう。でも先の事について気を揉んでもしょうがないよ。ただ音楽を楽しめばいい。音楽は永遠に絶える事はないし、それこそが重要な事。名前はダンスミュージックの地図の上で自分が何処にいるのかを知るのを助けるくらいの意味しかないんだよ。僕はFuture Garageのプロデューサー達が「Garageに回帰」していると言ってる訳でもないんだ。実際、彼らは元々ガラージをやっていなかった連中が殆どなんだ。彼らは全く異なる流れで今のサウンドに行き着いているんだよ。そこがFuture Garageが新鮮な所さ。過去のガラージの良質な部分を基礎としつつも前進しているんだ。それはレトロへの旅でも、懐古趣味でもなく、全く新しいものなんだ。

(拙訳:eraguru)

Future Garge Links:

Whistla Podcast
Whistla Soundcloud
Future Garage Facebook Page
Future Garage Forum
Sub.FM

Theme:DJ/CLUB
Genre:音楽

comments(2)|trackback(0)|UK GARAGE/2STEP|2010-11-13_15:09|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

とてーも興味深く読ませて頂きました。

今現在、様々に細分化し進化していくGARAGEとゆう音楽の面白さを改めて実感します。
No title
> negatin君

Garageの進化、楽しみっすね!

ブログ内検索

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ACCESS BASS FREAKS

from 2008/8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。