BASS LOVE: DJエラグルの低音メモリィ

酒と低音の日々~Nights Of Shots & Bass : Grime,Dubstep,Bassline House & All Kinda Bass Sounds

PROFILE

DJ ERAGURU

Writer:DJ ERAGURU
淡路島在住。
週末は殆ど大阪在住となる低音専攻のDJ/オーガナイザー。主にFUNKY、BASSLINE HOUSE、DUBSTEP、GRIME、UK GARAGE、2STEP、BROKEN BEATS、BREAKS、D&Bなど、黒くて下半身に訴えかける低音ダンスを得意とする。関西CLUBシーンの黒系BREAKS番長。クラブで見かけたら気軽に声かけて下さい。酒おごります。笑
あ、休眠中ですがdrumnbass.orgと2step:REWINDS!!!とDIRECTもやってます。

ERAGURU'S DJ MIXES

"Bassline House promo mix"
(Bassline HouseのShort Mix)

DJ Schedules

関西を中心に活動中です。たまに名古屋や浜松、東京でPLAYしてます。ブッキングは右下のメールフォームからどうぞ。

2010.11.27.sat
ラガチャンネルvol.25@sound-channel,大阪

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

Katy B - On A Mission 【雑談1】


On a MissionOn a Mission
(2011/04/12)
Katy B

商品詳細を見る


最近、クラブで人に合うたびにブログ更新しろ~とお叱りをよく受けます。大変ありがたい事なのですが、まとまったテーマで記事を書くというのがこのブログのスタイルなのでそういう意味ではなかなか頻繁にそういうテーマがまとまらないというのもあってどんどん更新頻度が下がってしまっているという感じなのです。

でもそうは言っても、その時々のトピックスを何らかの形で記録に残しておくのもそれなりに意味のある事だと最近は特に強く思っていて、そういう意味ではもう少し軽い感じで更新できるようなスタイルはないかなと考えて、今回から実験的に「雑談シリーズ」というのを始めたいと思います。

まとまった論という様な感じではなくて、会話形式でその時々のベースミュージックについてのトピックスを取り上げていくというスタイルで、軽い感じのこぼれ話的なノリでやっていきますが、それでもレコード会社からの資料を丸写ししたような適当なレビュー記事よりは、色々とつっこんだ話題に触れていけるのではないかと思っていますので、小規模にご期待ください。w

ということで第一弾は4/4にリリースされたUKでは話題のFunky/Dubstepの歌姫Katy Bのアルバムについて、雑談させていただきます。どうぞ~。

********************************

エラ:Katy Bといえば最初はDJ NGのTell Meだよね。UK FunkyがLondonで流行し始めた2007年、UK Funkyシーン最初のヒット曲。そこにft.された無名のBRIT School出身の女の子が彼女だった。

グル:当時の様子をyoutubeで見たのを覚えてるよ。Funkyのシーンは男ばっかりのGrimeとかDubstepの反動として生まれてきたって話を、このアルバムでもメインプロデューサーを務めているGeeneusがあるインタビューで話してて、そのyoutubeの映像はホントに女の子ばっかりのフロアーが映っててびっくりしたんだけど、その中でまだ垢抜けない素人っぽいKatyがTell Meを唄ってる。

Katy BがTell Meを唄う映像(2007)

エラ:ちなみにDubstepの聖地、クロイドンにあるBRIT Schoolは英国の権威ある音楽賞BRITアワードによって1991年に設立された14~19才の子が通うアートスクール。エイミー・ワインハウス、アデル、ジェシーJなど多数を輩出している名門。

エラ:そもそも彼女はどういうきっかけでNGの曲に参加する事になったんだっけ?

グル:当時は歌ってる彼女より、トラックメイカーのNGやMCのVersatileの方に興味があったので知らなかったんだけど、改めて調べてみたらその辺に答えてるインタビューとかが全然見つからなくて。NGは2007年頃に友達のVersatileにGeeneusを紹介されてRinse FMに入ることになったんだけど、だからGeeneusに紹介された感じなのかな。だとしてもGeenusがどうやってKatyと出会ったのかってのは分からないんだけど。

ちなみにNGはそれまでFruity Loopsなんかを使って趣味で宅録はしてたんだけど、リリース経験はなくて、たまたまVersitaleにTell Meの元になるトラックを聴かせたら、これはVocalを入れるべきだって言われて、Vocalを入れてホワイト盤をプレスしたらFunkyシーンで話題になって、最終的には2008年にDataから正規リリースされチャートにもランクインしたんだよね。当時はクラブに行かないような10代の子供たちも皆携帯とかで聴いてた位ヒットしたんだって。

エラ:そうなんだね~。その2008年にはRinse絡みでGeeneusのAs I、Jelly Jam名義のDJ Zinc+GeeneusのI Tryにft.されて、にわかにRinse周辺では注目を集める様になってくるんだよね。UK Funkyの歌姫的な感じで。同時期にZincのTake Me With YouってD&B曲や、それ以前にもSwindleのmix tapeでGrimeで唄ってたりっていう今に繋がる幅広いUKアーバンな感じは既にあったりもするんだけどね。

グル:で、とんとん拍子に2009年メジャーレコードとの契約が決まって、アルバムのレコーディングに入るんだけど、結局アルバムはRinseとコロンビアのダブルネームでリリースになるんだけどこの辺の契約の部分はよく分からないんだよね。ま、ともかく2009年はリリースらしいリリースはなくて、この辺りで自分のアルバム曲やMagnetic Manのアルバム曲のレコーディングをしてたんだろうね。あとBRITを卒業した後、短大に入学して勉強もそれなりに忙しかったのかな。翌年の2010年に大学を修了して、本格的にソロ活動を開始って流れになる。

エラ:2010年ソロとしてのファーストシングルKaty On A MissionがBengaのプロデュースで出て、これが一気にチャートの5位にランクイン。更にはft.曲2曲を含むMagnetic Manのアルバムがヒットして、一気にその知名度がアップ。Funkyの歌姫のイメージにDubstepのイメージも加わって、よりアーバンな今のKaty B像が出来上がってくるんだよね。

グル:Katy On A MissionのフリップサイドにはZincプロデュースのLouderが収録されてて、セカンドシングルのLights OnではMs Dynamiteをft.してGeeneusのプロデュースでFunky、アルバムのリードシングルではZinc+GeeneusのBroken Recordsでは再びDubstep。

エラ:このアルバムの3つの要素、Funky、Dubstep、Crack House/Electro Houseをまんべんなくリリース前に紹介しているよね。

グル:これだけ話題の旬なトラックメイカーが集合して、いかにも最先端の音がってイメージが強いけど、実際にアルバムを通して聴いてみた感想はそういうサウンドの側面よりもKatyのvocalの良さとソングライティング能力の高さが一番印象に残ったのが意外だったね。

エラ:最先端のトラックに拮抗するヴォーカルとソングライティング。

グル:だから普段こう言うクラブ系のアルバムって繰り返し聴き返したりしないんだけど、このアルバムは手に入れてから既に何回も繰り返し聞いてる。

エラ:確かにそう。より音楽的でアルバムとしての完成度も高いよね。逆に言うとトラックだけ取り出してみれば、切れ味鋭いエッジ感というよりは寧ろこなれた成熟感がある。DubstepにしてもFunkyにしても既にサウンドとしては落ち着いて来てるし、メジャー化と共に最先端の部分は別のところに移行しているよね。ポストダブステップとか。

グル:そうだね。そういう意味ではDubstepやFunky、Crack House/Electro Houseへの入門編として非常に入りやすい。去年で言うとBreakageのアルバムなんかにも近い、広くおすすめできるアルバム。UKアーバンと呼ばれる、イギリスのロンドンを中心とした都市部のブラックミュージックを基本とした音楽世界への入り口としては最高にキャッチーな1枚。

エラ:このアルバムが気に入ったら、プロデューサーのMagnetic ManやSkreamのアルバム、ZincのCrack HouseシリーズのEP、あとGeeneusのアルバムや彼の主催するこのアルバムのリリース元のRinseレーベルのmix CDのシリーズを順番に集めていくのもイイよね。特にRinseのMix CDは現在進行形のUKアーバンのドキュメントになっているから、UKのクラブシーンで今何が起こっているのかを知るには最高のテキスト。かつ単純に聴いててカッコイイ音が一杯だから!

おすすめのリンク:
Rinse FM
アルバムのメインプロデューサーGeeneusが運営するRinse FMはUKアーバンの最先端を10年以上に渡ってアンダーグランドで支えるFM局。リアルタイムの放送はネットで聴くこともできるし、Podcastとして一部はmp3で聴く事も出来る。またレーベルも運営していてMix CDのシリーズはRinse FMを濃縮したサンプルとしておすすめ。


Magnetic ManMagnetic Man
(2010/10/26)
Magnetic Man

商品詳細を見る

OUTSIDE THE BOX [解説・ボーナストラック付き国内盤] (HYDRA-008)OUTSIDE THE BOX [解説・ボーナストラック付き国内盤] (HYDRA-008)
(2010/09/25)
Skream

商品詳細を見る


Crackhouse Vol 2Crackhouse Vol 2
(2010/07/19)
Zinc

商品詳細を見る

Geeneus 1 (Bonus CD)Geeneus 1 (Bonus CD)
(2009/01/06)
Geeneus

商品詳細を見る

Rinse: 12Rinse: 12
(2010/06/08)
Various Artists

商品詳細を見る

Theme:DJ/CLUB
Genre:音楽

comments(0)|trackback(0)|FUNKY|2011-04-19_11:51|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ACCESS BASS FREAKS

from 2008/8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。