BASS LOVE: DJエラグルの低音メモリィ

酒と低音の日々~Nights Of Shots & Bass : Grime,Dubstep,Bassline House & All Kinda Bass Sounds

PROFILE

DJ ERAGURU

Writer:DJ ERAGURU
淡路島在住。
週末は殆ど大阪在住となる低音専攻のDJ/オーガナイザー。主にFUNKY、BASSLINE HOUSE、DUBSTEP、GRIME、UK GARAGE、2STEP、BROKEN BEATS、BREAKS、D&Bなど、黒くて下半身に訴えかける低音ダンスを得意とする。関西CLUBシーンの黒系BREAKS番長。クラブで見かけたら気軽に声かけて下さい。酒おごります。笑
あ、休眠中ですがdrumnbass.orgと2step:REWINDS!!!とDIRECTもやってます。

ERAGURU'S DJ MIXES

"Bassline House promo mix"
(Bassline HouseのShort Mix)

DJ Schedules

関西を中心に活動中です。たまに名古屋や浜松、東京でPLAYしてます。ブッキングは右下のメールフォームからどうぞ。

2010.11.27.sat
ラガチャンネルvol.25@sound-channel,大阪

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

Ed Sheeran - No.5 Collaborations Project 【雑談2】

ed1.jpg

エラ:今日は日本ではほとんど誰も紹介していないイギリスで期待の新人Ed Sheeran君について、雑談したいと思います。

グル:そうなんだよね。イギリスでは今かなり話題になっているのに、調べた限りだと日本語で彼について書かれたものは今の所全然無い。実は1つだけ発見したんだけど、それはバイヤーでもライターでも音楽マニアでもDJでもなんでもない、イギリス留学経験のある普通の女の子のブログで、友達に教えて貰ってすごくイイ~ってのだけ。w 本来一番敏感じゃなきゃって音楽業界の人達は、実はあんまり海外の情報に興味がないのかなとちょっと悲しくなる。

エラ:そんな話はさておき、Ed Sheeranって誰?って人の為にまずは簡単な紹介を。Ed Sheeran、1991年生まれ、イングランド東部のサフォーク出身の20歳。15歳の時に自主制作でOrange Room EPでデビュー、これまでにアルバム2枚、EP4枚、ライブアルバム1枚をリリース。その全てをセルフレーベルからリリース。2008年からはロンドンに移住して活動開始、2011年Atlantic Recordsとメジャー契約を結んで、2011年夏にメジャー初のアルバム「+」をリリース予定。

グル:僕等がEdの事を知ったきっかけをまず話そう。

エラ:そうだね。少し前にtwitterのTL上で元So Solid CrewのLisa Mafiaが、UK GarageのベテランMC Champagne BubbleeのツイートをRTしてて、気になって観てみたら彼が今やっているChampagne Bubblee TVっていうyoutubeチャンネルの最新のコンテンツにEdのこの映像がアップされてたんだよね。

Ed Sheeran - Wake Me Up

グル:で、これ観てちょっと驚いちゃったんだよね。小沢健二みたいなアコギを抱えた赤毛のミック・ハックネル似の男の子が、ちょっとスイートなアコースティックポップを駐車場で演奏してる映像。今までのChampagne Bubbleeのイメージって、バリバリのガラージのMCで、関わってきた音楽はもろにUKアーバンのど真ん中、それこそジャングル/D&B、UK Garage、Grime、Dubstep、Funkyと真っ黒さ全開な訳で、実際彼のyoutubeチャンネルのコンテンツも他は、そういうものばかり。

http://www.youtube.com/user/BubbleeTV
(余談だけどここにあるSidewinder Recordsでのインストアライブが最高。DJ PrincipalがDJしてMC Rumpus唄う生Neighbourhoodが聴ける)

エラ:その中に突如として、アップされたフォーキーなこれ。訳分かんないよね。それでいつもの様に分からないことは、風に訊けじゃなくて、Googleさんに訊けってことで。

グル:で、調べてみたらEd君、今年の1月にWileyはじめJME、Sway、Devlin、Ghettsなど蒼々たる今をときめくGrime MC達とコラボアルバムをリリースしていることが発覚。しかもこれ自主レーベルからのリリースで、もちろん大々的な広告など全く無しにもかかわらずiTunes UKのチャートで1位を獲っちゃってるという。それがこのアルバム。

418.jpg

No 5 Collaborations Project

1. Lately + Devlin
2. You + Wiley
3. Family + P.Money
4. Radio + JME
5. Little Lady + Mikill Pane
6. Drown Me Out + Ghetts
7. Nightmares + Random Impulse + Sway + Wretch 32
8. Goodbye To You + Dot Rotten

エラ:それでバブリーが何で彼のTVにEdを呼んだかが納得できたんだよね。で、調べていくと面白い事実が出て来るわ出てくるわで。

グル:そもそもサフォーク出身の田舎の木訥な少年フォークシンガーが、どうしてここまで注目を集めるに至ったかという話がまず面白い。

エラ:2007年までサフォークのFlamlinghamって街でアルバム2枚、EP1枚を地味にリリースして来た彼はFacebookやtwitterを使って地道にファンを増やしていくんだけど、2008年17歳の時、ロンドンに移り住んでからもほぼ毎日いろんなところでライブをして、2009年には312回もライブをしたって言うんだ。それはJames Morrisonがインタビューで年に200回ライブをすると言うのを読んで、ならば僕はその記録を破ってやろうと決意してそれを実行するんだよね。それこそお金が無くなって宿を追い出されて、友達や知り合いの家のソファーを寝床に渡り歩きながら。

グル:そうやって徐々にファンを増やしながら、2009年には彼の代表曲であるYou Need Meを含むEPを、Just Jackのツアーに同行する直前にリリース。この辺までは一部の知る人ぞ知るという存在だったEdが一躍注目を集めるきっかけになったのが、このSB.TVの映像。

Ed Sheeran - You Need Me, I Dont Need You (Acoustic)

エラ:これホントにかっこいいよね~。このパフォーマンスを観たRapper/SingerのExampleが彼のツアーにEdを誘ったっていうのも納得。で、そこでこのコラボアルバムでも共演をしたDevlinにも知り合って、この辺りから、彼が10代の頃から憧れだったGrime MC達と繋がりができて、それが今回のアルバムの実現に繋がってる。

グル:もういっこのこの映像もおもしろくて、Exampleのツアーの楽屋でDevlinとEdがフリースタイルバトルをするんだけど、Devlinは普通にラップで、Edはギターで演奏しながら唄でフリースタイルを、延々掛け合いでやるんだ。

Ed Sheeran & Devlin going bar for bar

エラ:これ面白いよね~。僕等がEdを面白いなって思う所は、小さい頃からギターを持ってフォークやソウルやロックを唄ってた男の子が同時代的にガラージやグライム・ダブステップを聴いて育って、それが自然と音楽の中に溶け込んでる所なんだよね。彼の唄の途中でグライムラップの様に出て来る早口の部分って、遡ればフォークシンガーにも同様のスタイルはあったから、グライムとかの背景を知らなければ、そっちを連想しちゃう所なんだけど、実際はグライムの影響なんだってのがこのアルバムが示してるよね。あとこれもかっこいい。

SB.TV - Devlin x Ed Sheeran

グル:これなんてもうほとんど普通にラップのフリースタイル。このアルバムのコンセプトって実は5年前15歳の頃に思いついたんだって。SB TVのムービーで注目を集めるまでは、白人ばっかりの田舎育ちの少年にロンドンのゲットーのスーパースター達との連絡なんてとりようもなかったけど、あのムービーが多くの注目を集めて状況が一変したって。

エラ:あと凄い著名人も彼のパフォーマンスにやられてて、例えば2010年の4月に単身殆ど予定もなくLAにギター持って、いろんなコンテスト的なところに道場破りしにいくんだけど、Jamie Foxxが自分のショーに出たEdをえらく気に入っちゃって、滞在中はずっとJamieの家に泊めて貰ってたりとか、あのアカデミー俳優のジェイミー・フォックスの家にだよ。あとこのアルバムをどっかで入手して聴いたあのエルトン・ジョンが突然、Edの携帯に直電をかけてきて絶賛したりとか。サッカーのイングランドチームのキャプテンRio Ferdinandも好きだとか。

グル:まあそんな著名人絶賛話はBass Love的にはどうでもいいことなんだけど。w アコースティックギターとGrimeといえば、僕等がまず思い出すのはPlan Bだよね。2010年に出したラップ無しのソウルアルバムが売れまくっちゃって、Grimeのイメージが霞んじゃった感じもあるけど、本人はあくまでGrime/Hip Hopが自分のホームグランドだって話してて、実際既に出来上がってる新アルバムはまたラップアルバムらしいんだけど、レーベルがんなもん売れないからダメって拒否されて、今個人レーベルからリリースを計画してるらしいよ。

エラ:Plan Bといえばエルトン・ジョンとも共演しているよね。そういう意味ではエルトンがEdの事を絶賛しているのも、意外な事じゃない感じがするよね。

グル:そういわれればそうだね。Plan BとEdの比較で言えば、Plan Bは1stではしっかりラップやってて、そこにメロディックな要素が入ってるって感じであくまでもGrime/Hip Hopスタンスだったけど、Edは基本的にフォーク/ロック/ソウル的な唄中心でそれ程Grime/Hip Hop的な要素は全面に出てきてない。でも確実にその中にアーバンな音楽要素が含まれてる。そこが新しいし、面白いというか。

エラ:youtubeでの映像の衝撃度に比べると、このコラボアルバムの音はサウンド面では割と普通でまだまだこれからって感じもするけど、これだけの才能。夏にリリース予定のメジャー初のアルバムは期待して待ちたい所。

グル:とにかくこれ読んで興味を持ったら、youtubeでたくさんアップされてるEdのパフォーマンスをチェックしてみて欲しいね。あと下にリンク貼った公式サイトでAtlanticから出る予定のメジャー初アルバムの収録予定曲が入った3曲入りのフリーEPがダウンロードできるから、それも是非!

Ed Sheeran公式HP
http://www.edsheeran.com/


(2011.4.30追記)
2011.6.12に発売のメジャー初リリースは人気曲"A-TEAM"!リミキサーはShy FX、True Tiger、Koan Soundと正に分かってる布陣!

彼の従兄弟のJETHRO SHEERANは、実はRapperで、更に親戚にはLaura Sheeranというアーティストもいるという音楽ファミリーだったと判明。

ALONESTAR "RAISE 'EM UP" feat. ED SHEERAN by ALONESTAR via #soundcloud http://t.co/Y6UMYBl

Theme:ブラックミュージック
Genre:音楽

comments(4)|trackback(0)|GRIME/DUBSTEP|2011-04-21_23:29|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

Like it!!
Jango radioでランダムに音楽を再生していたら、Ed sheeranくんに遭遇。速攻気に入ってgoogle先生に聞いてみるもおっしゃる通り日本ではまだあまり注目されていないようですね。彼の優しく耳触りの良い声からラップは想像出来なかったのですが....やりますね!もともとhiphopとrapが好きなので、とても嬉しくなりました。素敵なアーティストの紹介、ありがとうございました(=^ェ^=)とっても得した気分です!
Re: Like it!!
> Sakiさん
1年以上書いてないblogにコメントあざっす。w
Ed君、この記事を書いた後にアルバムもリリースされて、今年には2回来日してライブしたみたいですね。
情報逃して生でライブを見逃して超後悔してます。再来日したら絶対に行きたいっす!
No title
かっこいいですねー。かわいいし!
ご紹介の動画めちゃ聞いてます。すごいうれしい!
フジロックかぁ・・・。

Grimeっていうジャンルは聞いたことがなかったのでチェックしてみます!
Re: No title
> yumi さん

そうですね~。かっこいいし、かわいい。w
Grimeって超ワルイ音楽なので聴いたらびっくりするかも。

You Need Me のTrue Tiger remixがちょうどGrimeですね。
これ↓
http://youtu.be/Z3rv46h5JEw

ブログ内検索

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ACCESS BASS FREAKS

from 2008/8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。