BASS LOVE: DJエラグルの低音メモリィ

酒と低音の日々~Nights Of Shots & Bass : Grime,Dubstep,Bassline House & All Kinda Bass Sounds

PROFILE

DJ ERAGURU

Writer:DJ ERAGURU
淡路島在住。
週末は殆ど大阪在住となる低音専攻のDJ/オーガナイザー。主にFUNKY、BASSLINE HOUSE、DUBSTEP、GRIME、UK GARAGE、2STEP、BROKEN BEATS、BREAKS、D&Bなど、黒くて下半身に訴えかける低音ダンスを得意とする。関西CLUBシーンの黒系BREAKS番長。クラブで見かけたら気軽に声かけて下さい。酒おごります。笑
あ、休眠中ですがdrumnbass.orgと2step:REWINDS!!!とDIRECTもやってます。

ERAGURU'S DJ MIXES

"Bassline House promo mix"
(Bassline HouseのShort Mix)

DJ Schedules

関西を中心に活動中です。たまに名古屋や浜松、東京でPLAYしてます。ブッキングは右下のメールフォームからどうぞ。

2010.11.27.sat
ラガチャンネルvol.25@sound-channel,大阪

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

Gentleman’s Dub Club - Dubstep/Grime世代のThe Specials 【雑談3】

gdc1.jpg

エラ:今日は僕等がこっそり前から応援しているUKリーズのスカ・ダブバンドGentleman’s Dub Club(以下GDC)とその周辺のRanking Recordsとリーズ人脈について雑談します。


Gentleman's Dub Club - Emergency


Gentleman's Dub Club - Fly away

グル:これまた日本未紹介の穴場物件。見た目はスカパラっぽいというか、UKだからザ・スペシャルズ?で、やってる音楽がスカやダブやルーツレゲエってことでまんまやんって話もあるけど、でもGDCはがっつりDubstep/Grimeなんかと関係あるBass Loveらしいチョイスなんだよね。w そういえばスペシャルズのジェリー・ダマーズは最近Dubstepもチェックしてるらしいね。

エラ:そう、いわばGDCはDubstep/Grime世代のザ・スペシャルズだね。そのゆえんは後で話すとしてまずは簡単な紹介を。GDCは2006年イギリスのリーズで結成された9人組のスカ・ダブバンド。結成のきっかけは自宅の地下室にサウンドシステムを持ってるメンバーがいて、そこに集まってセッションして遊んだり、その地下室で開かれるホームパーティで演奏したりしているうちに自然に出来上がっていったらしい。

グル:今までRoots ManuvaやThe Streets、The Wailers、Finlay Quaye、Beardyman、Zion Trainなどのサポートをしたり、グラストンバリーをはじめ各地のフェスに参加、でここが重要なんだけどあの世界最大のダブステップフェス、クロアチアのOutlook Festivalに初回の2008年から2011年まで連続で出演し続けてるんだよね。

outlook2008.jpg

エラ:そう。そこ重要!ただのスカ・レゲエバンドじゃないよって。Outlookといえば、一応名目は「欧州最大のベースミュージックとサウンドシステムカルチャーの祭典」って謳っているけど、出演者の比率やプレスを読めば分かるんだけど基本、Dubstepフェスなんだよね。で、今の所のリリースはEPが1枚、シングルが2枚のみのスカ・レゲエ・ダブバンドがなんでダブステップ最大のフェスに4年も連続で出続けているのか?ようやく2011年の今年は1stアルバムをRanking Recordsからリリース予定とはいえ、2008年の時点ではシングルすら出てなかったんだから不思議だよね。

グル:そうその謎を解明するのが、彼等が拠点とするRanking Records!そもそも僕等がGDCを知ったのもRanking Recordsからなんだよね。

エラ:うん。Ranking Recordsは僕等が個人的に注目しているDubstep/D&BのアーティストRuckspinが拠点にしているレーベル。他にはPlanas aka Landlord、Quark、Evergreen、Quantum SoulなんかがリリースしているDubstepレーベル。で、そこに突如、このスカ・ダブバンドがリリースってことで、何?ってなったんだよね。


Ruckspin - Jibber

グル:Ranking Recordsは日本だと2009年にRSDとEvergreen & Landlordのスプリットシングルがちょこっと売れて知られる様になった感じかな。これに入ってるE & Lの曲はモロルーツレゲエなんだけど、RSDのトラックと合わさってこれはそれほど違和感なかったんだけど。GDCの2009年に出た5曲入りのファーストEPなんて、完全にバンドでスカ・レゲエ・ダブだから。

エラ:で、よくよく調べてみたら、そのRanking Recordsを2006年に立ち上げて運営しているのが先にも挙げたPlanasことToby “Landlord” DaviesとEvergreen(Harry Devenish)で、実はこの2人がメンバーとして参加しているのがGDCなんだよね!Tobbyはベースとトランペット、Harryはサウンドボーイとして。

toby-300x451.jpgharry-300x451.jpg
Planas(左)とEvergreen(右)

グル:つまりダブステップのモノホントラックメイカーが演奏するバンドなんだよね!で、ここでようやくOutlookフェスに全出場の理由が判明する訳だね。加えてOutlookにはPlanasやRuskspinもDJとして参加してたりというものありで。

エラ:そうまさに!Dubstep/Grime世代の感覚が生の演奏に至極当たり前の様に溶け込んでいる。そこがこのバンドの面白い所なんだよね。ニュージーランドのFat Freddy’s Dropなんかにも近い新世代のスカ・ダブバンド。GDCの方がより飲んだくれてバカ騒ぎしているイギリス伝統のフーリガンテイストが感じられるけども。w このOutlookとか地元リーズでのライブ見るとホントかっこいいよね~。

Gentleman's Dub Club Live at Outlook 2008

Gentleman's Dub Club "Chronicles" live in Leeds Oct 2010

グル:そういえばDubstepと生演奏ってことでいうとRuckspinのサブプロジェクトSubmotion Orchestraも熱いよね。こちらはGDCと違ってエレガントでクール。確かこちらは7人組でだよね。

submotion2.jpg

エラ:Submotion OrchestraはGiles Petersonも絶賛という折り紙付きの1stアルバムがもうじきリリースされるよね(5/28発売)。4Heroの再来を思わせるディープで美しすぎるサウンドとRuckspinの生み出す独特のタメの効いた突っかかる様なビート感が最高。

submotion1.jpg
(画像をクリックでアルバムのプレビューが聴けます)

グル:アルバム先行シングルのAll Yoursにはこれまたリーズ在住のJack Sparrowのrmxと、GDCのキーボードを担当するEddie ThomasのユニットSeeMore Productionsがリミックスをやってるんだよね。このRanking Rec.周辺のリーズ人脈は今かなり面白いよね。

エラ:Submotion OrchestraのドラマーのTOMMY EVANSが、GDCのドラマーもやってたり、ホントここら辺周辺は全部繋がってるよね。

グル:GDCに話を戻すと今年の2月にBBCのMista Jamの番組企画で去年Slang Like Thisのヒットで一躍Grimeをイギリスのお茶の間(ってそんなものあるのか?w)レベルにまで広めたP Moneyとのスタジオセッションがめちゃくちゃ格好良かったよね。

pmoney_450x300.jpg

Gentleman's Dub Club vs P Money - Tough At The Top

Gentleman's Dub Club vs P Money - Ho Riddim

Gentleman's Dub Club vs P Money - Slang Like This

エラ:そうなんだよね~。ダブステップのトラックメイカーがベースとサウンドボーイやってるダブバンドにグライムラッパーが絡むって面白すぎる企画で、まるでThe Specialsが生演奏でダブステップやって、そこにグライムラッパーが絡らんだかの様なライブでホントに格好良かった。

グル:この前のEd Sheeran君にしても、例えばこの前来日してたSilkieなんかにしてもみんなだいたい20代だよね。で彼等が10代の頃にファウンデーションとして耳にしていた音楽がUK Garageだったり、そこから発展してきたDubstepやGrimeだったりする世代が、今どんどん最前線に登場して来てる。Jungle/D&B世代じゃなくて、まさにUKGチルドレン。

エラ:だから彼等にとって、Grimeラッパーやダブステップアーティストとの共演は自然で、その辺りが例えばUKGをほぼスルーしちゃった日本の音楽メディアやクラブシーンには、なるほど!と分かりづらい部分だったりもするかもしれないね。

グル:そうそう。例えば雑誌なんかでの紹介の仕方とかも、UKG以前のJungle/D&BまでのUKベースの文脈で語っちゃってたりして、もちろんベースヒストリー的にはUKGの先祖なんだから大ハズレって事にはならないんだけど、彼等が直接的に影響を受けたUKGについての部分が欠如してるから、どっか的外れな感じになっちゃってるんだよね。

エラ:なんか今日は辛口だね~。w てな訳で、今日のまとめとしてはGentleman's Dub Clubをはじめ、Ranking Records周辺のRuckspinおよびSubmotion Orchestraなんかのリーズ人脈に大注目ってことでよろしいでしょうか?w

グル:はい。よろしいです。w 参考になりそうなmixのリンクとかを以下に付けとくんで、聴いて貰ったら僕等が面白がってる感じが掴めると思います。特にRuckspinの2009年のdubstep mixと2011年のD&B mixは必聴!


【本日の雑談、参考リンク】

Ruckspin - Ranikng Studio Mix 2009
RuckspinのRanking Records 2009年Studio dubstep mix。Ranking Rec.のDeepな世界観が最高。

Ruckspin D&B Mix January 2011
Ruckspinの2011年、D&B mix。こちらもDeepな世界観。

Planas Outlook Mix
Ranking Rec.のボスPlanasのOutlookフェス用DJ Mix

Gentleman's Dub Club HP
Ranking Records HP
Submotion Orchestra HP

Theme:DJ/CLUB
Genre:音楽

comments(2)|trackback(0)|GRIME/DUBSTEP|2011-05-02_15:15|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
ダブステップ世代のThe Specials!
すごい、こんなバンドいたんですね。なんてブリティッシュ。
とりあえず「Emergency」ダウンロードしちゃいました。アルバム気になりますねー。
No title
> skg さん
GDCはライブもかっこよさそうなので、いつか生で見てみたいです!
outlookいきて~w

ブログ内検索

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ACCESS BASS FREAKS

from 2008/8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。