BASS LOVE: DJエラグルの低音メモリィ

酒と低音の日々~Nights Of Shots & Bass : Grime,Dubstep,Bassline House & All Kinda Bass Sounds

PROFILE

DJ ERAGURU

Writer:DJ ERAGURU
淡路島在住。
週末は殆ど大阪在住となる低音専攻のDJ/オーガナイザー。主にFUNKY、BASSLINE HOUSE、DUBSTEP、GRIME、UK GARAGE、2STEP、BROKEN BEATS、BREAKS、D&Bなど、黒くて下半身に訴えかける低音ダンスを得意とする。関西CLUBシーンの黒系BREAKS番長。クラブで見かけたら気軽に声かけて下さい。酒おごります。笑
あ、休眠中ですがdrumnbass.orgと2step:REWINDS!!!とDIRECTもやってます。

ERAGURU'S DJ MIXES

"Bassline House promo mix"
(Bassline HouseのShort Mix)

DJ Schedules

関西を中心に活動中です。たまに名古屋や浜松、東京でPLAYしてます。ブッキングは右下のメールフォームからどうぞ。

2010.11.27.sat
ラガチャンネルvol.25@sound-channel,大阪

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

Digital Mystikz in Nagoya

DMZ & GOTH-TRAD in 名古屋行ってきました!

言うことナシっすね。最高でした。(^_^)

1年くらい前からダブステップをしっかり音の出る箱で折りに触れてプレイする度にコレコレ!ってブースの中でちびりそうになってたあの感じ。例えばDigital Mystikzの"Misty Winter"やSkreamの"Midnight Request Line"のあのベース。全身がびりびり震える文字通りのVIBES。

日本の箱って地面からベースが這い上がってくるあの感じを体験できる場所ってほとんどないんですよね。で、実はそれを日本でも一番感じられる場所があるんです。それはDJブースの中。特にブースが1段高い位置にある箱のブースは足下の空洞がスピーカーボックスみたいになって直接ウーハーに足が触れてる感じ。

だからしっかりしたPAでダブステップをPLAYしたことのあるDJ達が一番敏感にそして真っ先にそのヤバさに気付いていたんじゃないかと。そしてそれがフロアにストレートに伝わってないんじゃないかというもどかしさも。

しかし今回のDMZのツアーで、DJのスキル云々を抜きにしてもシーンの中心人物のプレイを実際に生で体感できる機会に出会うことで、ちょっと心を開いて感じてみようじゃない。ってスタンスでフロアに馳せ参じた人って沢山居たんじゃないだろうか。

そしてそのオープンマインドにしっかりと応えてくれるサウンドシステムオリエンテッドな音をたっぷりとDigital MystikzのMalaはプレイしてくれた。

俺にとってはとても当たり前で既にここに(胸の辺り)あった感覚をフロアで踊り狂うみんながどんどん開いていってる姿は、なかなか感動的な光景だった。

Malaに今日はCDとかも持ってきてるの?最近はD&BみたいなベースサウンドのDJ達もこぞってCDJ使う様になってるけど?って訊いたら、いや俺達ダブステップのDJ達は皆、レコードだけだって云うのを聴いた時は、何故かとても嬉しかった。

やっぱ違うもん。そしてCDじゃあ"あの"低音は出ないしね。

たぶんそういうちょっと前まで当たり前だったことを、テクノロジーの進化と新しい繋がりや制作スタイルの素晴らしさに目を取られて少しスポイルされてた部分を、Dubstepって音楽は思い出させてくれる。そういうプリミティブな音の感動が洗練・成熟した他のジャンルを聞いたり制作したりしている多くの人達を惹きつけている部分なのかもしれない。

このブットくてゴツゴツしたまだ新しいこの音楽を、ジローラモ的熟練のスキルの前戯でスムースに挿入可能にしたMAHIRO+YAP、ASAYOのDJ陣、そしてAGO、YUKAKO、GO-SHIPのMC達、アフターのピロートーク代わりのズッキーのハードUKGセット。XLNTZクルーが居ればこそ、この夜、このオモロイ音をフロアに集まった皆が素直に吸収できたことも確か。

やはり名古屋といわず日本でもこんな良いパーティはめったにない。Magoの掲示板によると次回4月のXLNTZは、DegoとBugzのKaidi、そしてURの饗宴という凄い内容。

そして5~7月辺りには再びDUBSTEP WARZが来襲との噂も。悔しいくらいにいい音を聴かせてくれる彼等にジェラシーを感じずにはいられない。

あー俺もパーティやらんといかんなあ。(^_^)
comments(0)|trackback(0)|GRIME/DUBSTEP|2007-03-23_08:12|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ACCESS BASS FREAKS

from 2008/8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。