BASS LOVE: DJエラグルの低音メモリィ

酒と低音の日々~Nights Of Shots & Bass : Grime,Dubstep,Bassline House & All Kinda Bass Sounds

PROFILE

DJ ERAGURU

Writer:DJ ERAGURU
淡路島在住。
週末は殆ど大阪在住となる低音専攻のDJ/オーガナイザー。主にFUNKY、BASSLINE HOUSE、DUBSTEP、GRIME、UK GARAGE、2STEP、BROKEN BEATS、BREAKS、D&Bなど、黒くて下半身に訴えかける低音ダンスを得意とする。関西CLUBシーンの黒系BREAKS番長。クラブで見かけたら気軽に声かけて下さい。酒おごります。笑
あ、休眠中ですがdrumnbass.orgと2step:REWINDS!!!とDIRECTもやってます。

ERAGURU'S DJ MIXES

"Bassline House promo mix"
(Bassline HouseのShort Mix)

DJ Schedules

関西を中心に活動中です。たまに名古屋や浜松、東京でPLAYしてます。ブッキングは右下のメールフォームからどうぞ。

2010.11.27.sat
ラガチャンネルvol.25@sound-channel,大阪

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

H TWO O - What's It Gonna Do

UKではBassline Houseがアンダーグランドでブレイク中。

そんな中、去年はT2がHeartbrokenをナショナルチャートに送り込むヒットを飛ばしました。2008年1発目、次はMinistry Of Soundからのコイツがチャートイン確実?

H TWO O/What's It Gonna Be (Ministry Of Sound)

T2 ft. JODIE AYSHA/Heartbroken

H TWO Oのトラックは、随分前からDJ Qを始め、多くのDJがプレイしてたアレデス。いずれにしてもメジャーリリースだけに、両方ともエグーイベースは控えめで、2stepに近いノリですが、フロアで盛り上がってる姿が目に見える様。

PVがあったよ。もう完璧にガラージで最高っす。




是非、全国のチャライ系音好きのガラージDJの方々ゲット&ドロップ。

おまけ:
実はT2やったらこっちの曲の方が個人的にはアンセム。

Theme:おすすめ音楽♪
Genre:音楽

comments(2)|trackback(0)|BASSLINE HOUSE|2008-02-07_03:50|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。T2やH "two" Oのアレは一体何てジャンルなんだろう、と検索かけてるうちに辿り着きました。Bassline Houseっていうんですね。やっぱりガラージ流れの音でしたか。

UKガラージの4つ打ち化が”来る”という話を一昨年くらいにちょっと小耳に挟んだものの特にオーヴァーグラウンドにそういう音が出てこなくて、ひょっとしてそれって去年のJust Jackのことだったのか?とか思っていたのですが・・・地下ではもう何年も前から胎動があって、T2でやっとチャートに現れてきたってことだったんですね。そういえばここ数年Delinquentっつうユニット(?)のリミックスをちょいちょい見かけましたがこれもそうだったんだとようやく納得がいきました。あとこのへんの音って90年代にスピードガラージって呼ばれてた音とも関係ありますか?

↓これです
http://www.youtube.com/watch?v=4VsbUYXEqus

自分はハウス好きではあるもののUKガラージ系統はグライムもダブステップも全く疎いのですごく勉強になりました。ブックマーク入れておいたのでまた覗きに来ます!
>skgさん
初めまして。1Xtraなんか聴いてると、今のUKGシーンはTop10の内、7曲ぐらいがBassline Houseで、あと残りの3曲を2stepだったり、Grimeだったり、Dubstepだったりが占めているって感じですね。2007年初頭から徐々に来て現在に至ります。

ただどうもロンドンの流行りって感じではなくて、ミッドランドの流行りなので、メディアで取り上げられることはなくて、日本だと情報は皆無と言っても良いかもしれないですね。

知り合いにメディア関係の人もいるので、俺がワイワイ騒いでたら、そのうち取り上げてくれるんじゃないかと期待してますが、やっぱGrimeに置けるDizzee Raskalとか、Dubstepに置けるSkreamとか、カリスマティックなスターが現れないと厳しいかもしれないですね。

Bassline Houseは、ミッドランドでSpeed Garageが、ロンドンの流行りに左右されず10年以上純粋培養された音と考えて下さい。笑。それに逆にロンドンの連中が影響を受けて、面白くなってきたというような感じですね。

この手の音は日本だとほとんど注目を受けることがないのですが、このブログでじわじわと紹介して行きたいと思ってますので、これからもヨロシクです。

ps delinquentはもちろん俺も好きで、よくDJでかけますよ!

ブログ内検索

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ACCESS BASS FREAKS

from 2008/8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。