BASS LOVE: DJエラグルの低音メモリィ

酒と低音の日々~Nights Of Shots & Bass : Grime,Dubstep,Bassline House & All Kinda Bass Sounds

PROFILE

DJ ERAGURU

Writer:DJ ERAGURU
淡路島在住。
週末は殆ど大阪在住となる低音専攻のDJ/オーガナイザー。主にFUNKY、BASSLINE HOUSE、DUBSTEP、GRIME、UK GARAGE、2STEP、BROKEN BEATS、BREAKS、D&Bなど、黒くて下半身に訴えかける低音ダンスを得意とする。関西CLUBシーンの黒系BREAKS番長。クラブで見かけたら気軽に声かけて下さい。酒おごります。笑
あ、休眠中ですがdrumnbass.orgと2step:REWINDS!!!とDIRECTもやってます。

ERAGURU'S DJ MIXES

"Bassline House promo mix"
(Bassline HouseのShort Mix)

DJ Schedules

関西を中心に活動中です。たまに名古屋や浜松、東京でPLAYしてます。ブッキングは右下のメールフォームからどうぞ。

2010.11.27.sat
ラガチャンネルvol.25@sound-channel,大阪

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

Steppas' Delight (Dubstep Present To Future)

5376522x.jpg

Soul Jazz Records presents
Steppas' Delight (Dubstep Present To Future)


Soul JazzからBox Of Dubシリーズとは別の新しいDubstepコンピがリリース。新録未発表曲が中心だったBODシリーズとは異なり、今回は新進アーティストの既発音源を厳選してDubstepの現在と未来を描写する。BODと重なるアーティストはKode 9のみ。残りは新旧の注目トラックメイカーが、はち切れんばかりにてんこ盛りで収録されている。

これが出た今なら正直に言えるが、BODシリーズ実はメンツの豪華さの割に、収録曲は結構地味でSkreamやDMZの曲に至っては、残り物っぽい雰囲気さえして、これからDubstepを聴こうというような人には薦め辛い部分もあったと思う。

その点、新録に拘らず今一番クリエイティブなアーティストの代表曲ばかりを贅沢に収録したこのコンピレーションはSkreamやBengaのアルバムは買って、Dubstepをもっと聴きたいと思っているようなビギナーズに、うってつけのコンピレーションだ。

加えてJoker、Peverelist、TRG、Gatekeeper、Ikonikaといった新世代のアーティストのトラックはDubstep DJ達やこの音楽に既に深くコミットしている人達にも新しい刺激をくれる様な絶妙のセレクションとなっている。

Disc 1
Kode 9 - 9 Samurai
Benga - Evolution
Search & Destroy - Candy Floss (Loefah Mix)
Plastician featuring Skepta - Intensive Snare
Uncle Sam - Round The World Girls (Tes La Rok Mix)
The Bug & Warrior Queen - Poison Dart
Goth Trad - Genesis
Seventeen Evergreen - Ensonique (Bi-Polar Man Mix)
Martyn - Broken
Shackleton - Blood On My Hands

Disc 2
TRG - Broken Heart
Joker - Gullybrook Lane (Instrumental)
Quest - Hardfood
Ikonika - Please
Silkie - Dam 4
Geiom featuring Marita - Reminissin'
Shonx - Canton
Gatekeeper featuring Grilza - Shade Darker
Peverelist - Roll With The Punches

個人的に注目したいのはRoni Size Reprazentの新曲でもremixerとしてft.されたBristolのニューカマーJokerの"Gullybrook Lane"。DJとしても人気を集める彼はまだ18か19才。オールタイムフェイバリットにWileyとWookieの名前を挙げるJokerのPlayスタイルはGrime/Dubstep/Basslineをmix upする理想のスタイル。現在のところリリースされているのはPinchのearwaxからのEPのみで、これはGrime的なトラックだが、今後続々とリリースを控えている曲群は、彼のDJスタイルを反映した幅広いものになりそうで期待大だ。

Jokerのmyspace
http://www.myspace.com/thejokerproductions
(余談ですが、このページに掲載の曲の画像が全部Neptunes主催のStar Trakレーベルのロゴになっているのは、JokerがStar Trakと契約したと言う意味?)

あとHyperdubのIkonikaの"Please"も良いですね。Kode 9がこの曲を聴いて、即リリースを決めたと言うエピソードにも頷ける1曲。ハードコアバンドのドラマーからHip Hopを経てSkreamを聴いてDubstepのトラックメイカーに転身したオタク系女子のオーラの無さ加減がグッと来るmyspaceは必見。磨けば光る的な素材の良さはあるので、それがまたね。笑

Ikonikaのmyspace
http://www.myspace.com/ikonika

IkonikaちゃんRinse FMでDJ
http://www.youtube.com/watch?v=rdRcgoYNty8

l_6108fcb38b2bb65f2c4c0a0290d0b65a.jpg


comments(0)|trackback(0)|GRIME/DUBSTEP|2008-05-10_23:40|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ACCESS BASS FREAKS

from 2008/8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。