BASS LOVE: DJエラグルの低音メモリィ

酒と低音の日々~Nights Of Shots & Bass : Grime,Dubstep,Bassline House & All Kinda Bass Sounds

PROFILE

DJ ERAGURU

Writer:DJ ERAGURU
淡路島在住。
週末は殆ど大阪在住となる低音専攻のDJ/オーガナイザー。主にFUNKY、BASSLINE HOUSE、DUBSTEP、GRIME、UK GARAGE、2STEP、BROKEN BEATS、BREAKS、D&Bなど、黒くて下半身に訴えかける低音ダンスを得意とする。関西CLUBシーンの黒系BREAKS番長。クラブで見かけたら気軽に声かけて下さい。酒おごります。笑
あ、休眠中ですがdrumnbass.orgと2step:REWINDS!!!とDIRECTもやってます。

ERAGURU'S DJ MIXES

"Bassline House promo mix"
(Bassline HouseのShort Mix)

DJ Schedules

関西を中心に活動中です。たまに名古屋や浜松、東京でPLAYしてます。ブッキングは右下のメールフォームからどうぞ。

2010.11.27.sat
ラガチャンネルvol.25@sound-channel,大阪

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

Wot Do U Call It ? Funky?

INCOGNITO_EFLYER.jpg

2年前にはじめてこのブログでBassline Houseを紹介した時には、実はUKでは既に1XtraのチャートはTOP10の半数がBasslineで、俺自身もそれより前からDexplicitやDJ Q、Agent X辺りのアナログをプレイしてて、まだ日本には上陸なし?という思いからブログに記事をポストしたのを覚えている。

去年のT2 "Heartbroken"の大ヒットがきっかけで、メジャーのリミックスが急増、H "TWO" O ft. Platnum "What's it gonna be"のBBCでのNo.2辺りから、日本でもようやく2年越しで注目を集めるようになってきたBassline House。

Bassline Houseについての解説なり関連記事は、
こことか
http://bassluv.blog51.fc2.com/blog-entry-8.html
ここを
http://bassluv.blog51.fc2.com/blog-entry-6.html
参考にしてもらうとして、今日はさらに次のお話。

Bassline Houseの時は既にはっきりとした形や経緯をもった音を紹介していたのだが、今回紹介する新しいジャンル、今は仮に"Funky"というかなりダサい名前で呼ばれているものについては、実はまだそのはっきりとした形は出来ていないと言っても良い。

Rinse FMのmix CD "RInse 03: Supa D"の事は、少し前も書いたが、このmix cdがきっかけで、UKのGrimeシーンを中心として現在進行形で進化している"Funky"という名前の新しいジャンルが存在すると言う事を初めて知った。

このCDのスリーブ用のインタビューをBlackdownがSupa D、Geeneus(元Pay As U GoクルーでWiley、SlimzeeらとGrimeを作ってきたオリジネイター)、Souljah(Zincの彼女でTEMPAの共同運営者サラ)の3人に行っているのだが、これがかなり興味深い内容で、まずはRinse 03の収録曲についての説明に驚かされた。

このRinse 03お聴きになっていない人には説明し辛いのだが、一聴ただのbpm128のハウスのMIXCDにしか聴こえない。というかmixしているSupa D自身も「これはハウスのMIXだ」と言っているくらいだから、ホントにハウスのmixなのだ。

しかし、このトラックリストに名前を連ねるのが、先のGeeneus、Bossman(Essetials)、Davinche、Donaeo、MC Viper、DelinquentそしてDJ Zinc(!)といったGrime/Garageシーンの顔役達。Delinquentはともかく、他のこの前までゴリゴリのGrimeをやっていた連中が、Garageの生命線ともいえるBPMをスローダウンさせ、突然ノーMCで女性ボーカルのハウスを一斉に作り始めたら、それは誰でも「一体何が起こっているんだ?」と言いたくなるだろう。これがアーティスト単体でハウスを作り始めたと言うのなら単なる転向で済ますことができるのだが、ここまで多くのアーティストがある方向へ向かっているとなると話は別だ。

先のインタビューでSupa Dはこう答えている「このmixの収録曲の殆どはハウスだけど、中には新しい別のまだ名前のないサウンドも入っているのは確かだね。とはいえ全体として言えばこれはハウスのmixだよ」。

あくまでもハウスだと主張するSupa Dに対して、このmix cdにZIncとの共作をはじめ4曲という最多のトラックを提供したGeeneusはこう主張する「俺のEmotionsって曲や、Appleの曲はハウスとは違う新しいサウンドだと言えると思う。パーティに遊びに来てくれる皆はこの新しい音の事を"Funky"って呼んでいる。"Funky House"じゃなくてただ"Funky"と呼んでるんだ」

確かにちょっとした共通点はある。それはSocaのリディムだ。UKGのビッグアンセムAgent X "Decoy"はUK Garage黄金期の最後を飾るクラシックスのひとつであり、Grimeのビートの一つの基本となっているが、元々DecoyのビートはSocaのビートを引用したモノであり、GrimeをスローダウンするとSocaビートのハウスになる。そしてこれがFunkyと呼ばれているトラックの多くにいえる共通点だ。

StickyのDirtypopの様に、自分で勝手に作ったジャンルという訳ではなく、既にこのFunkyがかかるパーティがLondonでは、いくつもあり人気を集めていると言う。そんな中でDJ NGの"Tell Me"というRInse 03にも収録されているアンセムまで生まれている。

パーティは、Grimeの排他的身内ノリを完全に排除したMCなし(居ても喋り過ぎないMC)、ドレスコードばっちりの女性率80%なもので、実際にそんなシーンをおさめたYoutubeの映像を見る事が出来る。

http://jp.youtube.com/watch?v=h0BGN_yBAnk

Geeneus曰く、Grime/Dubstepのシーンにおけるフロア無視、DJ無視のMC偏重主義的な排他性への反動として、No MC、No Hoodies、No Timberlands的なドレスコードありで、お洒落した女の子達が集まるようなパーティを目指して、この流れが生まれてきた。

もちろん単なるセルアウトなら人は集まってこないだろう。そこに音楽的な面白さの様なものがあるからGrimeのクリエイター達がこぞってこのFUNKYシーンに参入してきているのだ。音的にはハウスと非常に近い為、現場ではHouse & Funkyという組み合わせでフライヤーにも表記されることが多いこの流れ、Grimeシーンからだけではなく、Houseシーンから、その他のシーンからも徐々にクリエイターが集まりつつあり、トラックも超現場中心で熟成されて行っているようだ。まだはっきりとしたサウンドとしての特徴は進化の過程にあるためFUNKYチューンのアナログでのリリースは殆どないが、幸いにUKのラジオでその片鱗を伺い知ることが可能だ。

ひとつはこのシーンの中心的存在のRinse FM。このPodcastには毎日膨大なアーカイブがアップされているが、このシーンのメインDJ、Supa D、Geeneus、DJ NG、MA1、Kismet等のlive mixが山盛り聴く事が出来る。更に1XtraのFootlooseの番組でもFunkyチューンがばんばんプレイされているので、この辺りをチェックしつつ、このまだ姿形が羊水の中で蠢いている様な新しいムーブメントを見守ってみよう。

Rinse FM
http://www.rinse.fm/

1Xtra Footloose
http://www.bbc.co.uk/1xtra/footloose/

ちなみにこの5月にHouse & FunkyのWeekly Party "Incognito"がランチされ、大々的に告知がされて大盛況のようだ。もし近々ロンドンへ行くなら、DubstepやGrime、Basslineのパーティも良いがFunkyのパーティにも行ってぜひレポして欲しい。

参考リンク
http://www.myspace.com/geeneus
http://www.myspace.com/appleko
http://www.myspace.com/Djsupad
http://www.myspace.com/urbance
http://www.thefader.com/articles/2008/2/21/prancehall-s-bass-odyssey-part-5

とりあえずFUNKYってなんだって人はこれを↓
Rinse 03Rinse 03
(2008/04/07)
Various Artists

商品詳細を見る

Theme:ブラックミュージック
Genre:音楽

comments(6)|trackback(0)|FUNKY|2008-06-07_01:21|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

DUBSTEPやGRIMEの行き過ぎたartist指向は僕も疑問を感じずにはいられなかったので、、

この新しい流れは歓迎する気持ちです。

あれなんですよ、自分がフロアで激踊りする人間なので、踊れる踊れないはかなり重要です。

DJするときはフロアで人が(女子が)踊る踊らないで
バッサバサGRIME/DUBSTEPはたまたGARAGEまでジャッジしますから(笑)

Clubmusicとゆー事を忘れてしまったら本末転倒です。

SOCAなんすね、確かにそこは言われてみればですね。

しかし、この流れを日本がキャッチして現場に落とすのは至難の技ですね。
相変わらずDJ泣かせな流れですよね笑。

シーンができて来たかと思うと、
その現在に反発するような事が起こる。

それの繰り返し。。。


僕はとりあえずしばらくはBASSLINE中心だと思います(笑)
>prettybwoyくん
FUNKYに今一つ疑問な点は、D&B~2step/UKG/Dark Garage/BreakStep~Grime/Dubstep~Bassline Houseという流れの中で、受け継がれてきたBassの要素がここには希薄な事なんだよね。BPMは変われど、低音のDNAはしっかり受け継いでくれないとね。
はじめまして。

"FUNKY" についての文章すごく興味深かったです。

個人的な好みとしては少しキレイすぎる印象なのですが、
Supa D の Mix を聞いた時に何か引っかかるものがありました。

ブロークンビートが好きな人とか良さそうですね。

あと、自分が書いている blog で参考にさせていただきました。
The Threepee Times
http://threepeetimes.blogspot.com/
不適切でしたらすみません ...

YO!HEY!!
>YO!HEY!!さん
ブログ見させて頂きました。良いですね~。こうやって同じ音が好きな事で、繋がって行ける事がネットの素晴らしさですよね。ダークサイドばかりが報道されて、やなご時世ですが。汗

これからも宜しくお願います。
はじめまして。

こちらの文章で初めて Bassline House 、そして Funky という言葉を知りました。
私は普段ミニマルを中心に聴いていて、そこからダブ・ステップも聴くようになった人間なので、ミニマルとダブ・ステップの境界線にばかり目がいっていたのですが、今 UK ではこんなとこまでいってるんですねぇ。やっぱり現場を知らない人間は駄目だなぁと思いました。

これからも色々参考にさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。
>shooterさん
はじめまして。こちらこそよろしくです!
Bassline Houseは今UKではFidget Houseと共にまさにブームなんですよね。DubstepもBasslineもそしてFunkyも元々はUK Garageからの流れ、そこら辺を押さえておくと面白いんですよね。(^_-)

ブログ内検索

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ACCESS BASS FREAKS

from 2008/8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。