BASS LOVE: DJエラグルの低音メモリィ

酒と低音の日々~Nights Of Shots & Bass : Grime,Dubstep,Bassline House & All Kinda Bass Sounds

PROFILE

DJ ERAGURU

Writer:DJ ERAGURU
淡路島在住。
週末は殆ど大阪在住となる低音専攻のDJ/オーガナイザー。主にFUNKY、BASSLINE HOUSE、DUBSTEP、GRIME、UK GARAGE、2STEP、BROKEN BEATS、BREAKS、D&Bなど、黒くて下半身に訴えかける低音ダンスを得意とする。関西CLUBシーンの黒系BREAKS番長。クラブで見かけたら気軽に声かけて下さい。酒おごります。笑
あ、休眠中ですがdrumnbass.orgと2step:REWINDS!!!とDIRECTもやってます。

ERAGURU'S DJ MIXES

"Bassline House promo mix"
(Bassline HouseのShort Mix)

DJ Schedules

関西を中心に活動中です。たまに名古屋や浜松、東京でPLAYしてます。ブッキングは右下のメールフォームからどうぞ。

2010.11.27.sat
ラガチャンネルvol.25@sound-channel,大阪

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

うーん。

FUNKYセットを1回試しにやってみようと色々、アナログやmp3を探していたところ、某レコ屋のサイトでこんな紹介を見つけてしまった。

http://www.jetsetrecords.net/jp/product/731003253952

うーん。あまりにも情報がいい加減過ぎる。というか明らかに間違いが書かれていてちょっとどうなんでしょうか。確かに先物買い的な紹介がしたいのは分からないでもないけど、むちゃくちゃですよね。

1:Wearing My Rolexは、FUNKY(FUNKY HOUSEと紹介する英メディアもある)ではなくて、サウンドは明らかにElectro House。Wileyにとってこれはあくまでもワンショット的な番外編的作品。それはWileyの最新作Grime Waveや彼のmyspaceなどに同系統の作品が無いことからも想像できる。だから"NightからRolexを通じてFUNKYがシーンの一大潮流となった"なんてのは、ちょっと強引過ぎる。それに何シーンの一大潮流がFUNKYなんでしょうか。

2:Bassline Houseの隆盛の影響でGrime/Dubstepのトラックメイカー達がFUNKYへ傾れ込んでいると書かれているが、こんな事実はどこでも聴いた事が無い。

3:JMEはSkeptaの兄ではなくて弟。

4:Rinse04は、AppleのMr Bean等を収録しているが、殆どがGrime/BasslineのトラックでBPMも140オーバー、FUNKYの平均的なBPMは128周辺。グライムオンリーのmixではないことは確かだが、これをFUNKYのmixと呼ぶには無理がある。

5:Midnight Request LineのSkepta remixはFUNKYではなくて、DuppyパターンのBassline House/UKG。それにRolexが出る遥か前にSkeptaはDuppyを作っているのでRolexに影響されて、このアルバムに収録されている曲を制作した訳ではない。

いずれにしてもGrime周辺で何やら変化が起り始めているのは確かですが、まだその形は発生の過程でFUNKYがポストGRIME/DUBSTEPというのは言い過ぎでしょう。

或いは以前ここで僕がWearing My Rolexのことを書いた時(Grimeに何が起っているのか?)に、Funkyの動きと絡めて、Around 130 bpmがUKのある種のトレンド?の様なことを書いた事が、この紹介文の混乱の元になってるのかもしれない。Funkyについて他で書いてるところをみたことがないから。

これ↓
http://bassluv.blog51.fc2.com/blog-entry-64.html

ちゃんと読んでもらえれば分かるが、ここで僕はRolexをFunkyだと書いている訳ではないんだけど、今読み返してみると確かに誤解される可能性はあるかも。。。

Theme:DJ/CLUB
Genre:音楽

comments(3)|trackback(0)|FUNKY|2008-06-17_05:21|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。

詳細なご指摘、ありがとうございます。

大変参考になりました!

今後ともご指摘頂けますと助かります!!

よろしくお願いします。

JUNICHI HORI / ELECTRO BUYER
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>JUNICHI HORIさん
恐縮です。(^^;
確かにUKの現場での動きというのは、日本でレコードを聴くだけでは伺い知れない部分も多いですよね。

とはいえ、Jet Setさんは積極的にBasslineやFunkyをプッシュしてくれている、唯一に近いレコ屋さんなのでリスペクトしています。最近はポンド高で海外通販もコストがかかり過ぎて、そんな時HMVと共に大変助かります。

これからもがんばってUKアーバンをどんどんプッシュしてくださいね!

ブログ内検索

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ACCESS BASS FREAKS

from 2008/8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。