BASS LOVE: DJエラグルの低音メモリィ

酒と低音の日々~Nights Of Shots & Bass : Grime,Dubstep,Bassline House & All Kinda Bass Sounds

PROFILE

DJ ERAGURU

Writer:DJ ERAGURU
淡路島在住。
週末は殆ど大阪在住となる低音専攻のDJ/オーガナイザー。主にFUNKY、BASSLINE HOUSE、DUBSTEP、GRIME、UK GARAGE、2STEP、BROKEN BEATS、BREAKS、D&Bなど、黒くて下半身に訴えかける低音ダンスを得意とする。関西CLUBシーンの黒系BREAKS番長。クラブで見かけたら気軽に声かけて下さい。酒おごります。笑
あ、休眠中ですがdrumnbass.orgと2step:REWINDS!!!とDIRECTもやってます。

ERAGURU'S DJ MIXES

"Bassline House promo mix"
(Bassline HouseのShort Mix)

DJ Schedules

関西を中心に活動中です。たまに名古屋や浜松、東京でPLAYしてます。ブッキングは右下のメールフォームからどうぞ。

2010.11.27.sat
ラガチャンネルvol.25@sound-channel,大阪

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

Donaeo - Devil In A Blue Dress、そしてAfrican Warrior

donaeo300.jpg

Donaeoといえば、Stickyで有名なSocial CircleレーベルからGrime全盛期の数年前に"My Philosophy (Bounce)"ってアンセムをヒットさせ、その後"Falling"等のヴォーカルチューンで人気を集め、最近音沙汰無いなあと思っていたら、FUNKYシーンで見事に復活。というか彼の本質的にはこのサウンドが一番ピッタリなのではないだろうか。

Rinse 03 :Supa DにもInst.が収録され、UKのラジオでは春先から夏の終わりの今でもヘビープレイされ続けているFUNKYアンセム、Donaeo "Devil In A Blue Dress"。

もうFUNKY史上最もカッコいい曲として燦然と輝くClassics中のClassicsといってもいいDIABD=Devil In A Blue Dress。PVが最近出来たみたいなのでここで紹介します。

PVは超ダサくて、青いドレスの悪魔もそれ程可愛くなくガッカリな感じのPVですが、とにかく曲は最高にカッコいいので是非聴いて見て下さい。ちなみにDonaeoの新曲"African Warrior"もDIABDに並ぶくらいヤバいのでリリースが楽しみなところです。


DBD2 from Luke Van Boom on Vimeo

ちなみにDIABD、UKでは既に人気過ぎてアナログは売り切れ入手困難なのですが、ここ日本ではFUNKYなど誰も知らないので、ひっそりとハウスのコーナーに眠っている様です。僕も日本のレコ屋で発見して買いました。

Donaeoのmyspace
http://www.myspace.com/donaeo

Donaeo - My Philosophy (Bounce)

Donaeo - African Warrior

Donaeo - African Warrior @ Shoreditch Festival 2008


Theme:DJ/CLUB
Genre:音楽

comments(4)|trackback(0)|FUNKY|2008-08-30_03:19|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

DONAEO-MY PHILOSOPHY(BOUNCE)は、
BIG APPLEでorderしてないのに入ってたりで
(プロモなのかな?)
2枚ほどアナログもってます(笑)しかも一枚は音飛びの不良盤…


Devil…はたしかにかなりカッコイイですね。

僕が買ったのにはもう一曲かなーりハウスなVOCALトラックが入ってましたが、
これもFUNKYでいーのかな??というくらいハウスで、見解に戸惑ってます(笑)
両方DONAEOなんですけどね。



GARAGEだろーがGRIMEだろーがFUNKYだろーが 男性Vocalにはぐっときちゃいます!
>Prettybwoyくん
今は無きBig Apple Records。懐かしいね。レーベルは復活したけど、レコ屋も復活しないかなあ。

DIABDの裏面は普通のハウスだね。まあLondonではHouse + Funkyってことで、FunkyとHouseはミックスされてるから自然かなと。

新曲のAfrican WarriorもUptownで先行販売してるけど、バカ高いので他で売り始めるのを待ってるところ。
Devil in the Blue..とかAfrican WarriorみたいなFUNKYにはもちろんピンとくるんだけど、「タダのハウス?」の方のFUNKYが全く掴めなくて。

ただいくつかCircleのミックス聴いてるウチに、最近、なんとなく、わかってきた、よーな。

フロアでバシッと鳴らすとどうなんですか?「タダのハウス」との違いは?
>Agoくん
実は野外で2回、クラブで1回しかまだ鳴らせてないんだけど、ブースからだとねフロアの感じが実感できなくて俺も正直よく分かってないんだよね。
でもお客さんの反応は結構良い。

podcastとか色々聴いてると、これぞ!って瞬間と普通にハウスじゃんって瞬間が入り交じってて、まだFUNKYはこれから変化して行くんだなと言う感じだね。

でも単純に自分で録ったヤツを車で聴いてるとかなり気持ち良いので、しばらく掘り下げてみるつもり。BITAとかとも相性良いし、STICKYとかをスローダウンするとFUNKYになったり、結構そう言う発見をするのが面白い。

MIX作らんとなあって感じ。

ブログ内検索

twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ACCESS BASS FREAKS

from 2008/8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。